片岡愛之助、朝ドラでの“まさかの衣装姿”に「ギャップ萌え」「爆笑」の声

AbemaTIMES

2018/12/7 13:44


 歌舞伎俳優の片岡愛之助が、6日に自身のアメブロを更新。自身の出演するNHK連続テレビ小説『まんぷく』で“まさかの衣装姿”を公開した。

片岡愛之助公式ブログよりスクリーンショット

同ドラマはインスタントラーメンを生み出した実業家である安藤百福氏と妻・仁子氏の半生をモデルに、戦前から高度経済成長期にかけての激動の時代を舞台にたくましく生きる夫婦の姿を描いたドラマ。片岡はヒロイン・福子(安藤サクラ)の夫・萬平(長谷川博己)の共同経営者・加地谷圭介役を演じていたが、加地谷は萬平を軍事物資横流しの罪に陥れたことが判明し失踪していた。

この日片岡は「まんぷく本日再登場!!!!!!」というタイトルでブログを更新、「朝ドラ「まんぷく」本日再登場で~~す 人生で初めての姿になりました!!!!!!是非ご覧くださいまし」と復活を予告。

その後、放送後に「まさかの!?」というタイトルでブログを更新。「加地谷圭介、ハイ、まさかのチンドン屋になっておりました!!!!!!」と、白塗りの顔で鼻の頭を赤く塗った“チンドン屋”の姿を公開した。

当初はプロデューサーが気を遣い、顔にメイクをする予定はなかったというが、「僕からしてみれば逆に照れ臭いですし折角やるならやっちゃいましょう」とメイクをしたのだそう。メイクを見た監督が「そんなにしていいんですか!?」と驚いたそうだが、片岡は「勿論ですよ」と答えたと舞台裏を明かした。

この投稿に読者からは「いろんな愛之助さん、愉しくて嬉しいなぁ」「ギャップ萌え」「朝から爆笑させて頂きました。」などのコメントが寄せられている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ