幸せすぎるっ!男性が彼女との間に愛を感じる瞬間4つ

愛カツ

2018/12/6 12:45


彼氏がどんなときに、自分との間に愛情を実感しているのか……。気になりませんか?

愛情を感じる瞬間を把握しておけば、これからもその瞬間を大切にできますし、結果として、彼氏からもっともっと愛されるようになれるかもしれません。

もしかすると、何気なくしている言動に、愛情を感じていることも…!? 一緒にチェックしていきましょう。

愛を感じる瞬間

■ 身体の心配をしてくれたとき

季節の移ろいは、意外と急に変化していくもの。気温にしても、日暮れにしても、気が付けば、寒い、暗い、と感じませんか?

人生でもう何度も経験しているとはいえ、急に対応するのは難しいですよね。

そんなとき、体調や身の周りの心配をしてくれることに、愛情を感じる男性は少なくありません。「急に寒くなったよね。ちゃんと温かくしてね」「帰り道暗いから、気をつけてね」など。

自然と彼を気遣ってあげれば、彼も温かい気持ちになれるはずです。

■ 待ち遠しそうにしてくれたとき

デートの待ち合わせは、どんなふうに待っていますか?

できれば、スマホは手に取らず、じっと彼氏がくるのを待つようにしてみてください。彼氏が先に待っているときも、彼氏が見えたら、できる限り彼をまっすぐ見て、近づいてみましょう。

ちょっとしたことですが、その姿勢が、「会いたかった!」という気持ちを伝えることになります。お店で待ち合わせるときも、窓の外や、お店の入り口を見ながら、待つのが◎。

これだけで、かなり印象が変わってきますよ。

■ ダメな部分を自然に指摘し合える

「こういうところ、ちゃんとしないとダメだよ」と彼氏に言ったり、彼氏から「ちゃんと○○しろよ~」と言われたり。ダメところを自然に指摘し合えるときにも、彼氏は愛情を感じられるようです。

否定的に思われないか、嫌われないか? と心配しながら付き合っているうちは、まだまだふたりの間に、壁があるのかもしれません。

優しく穏やかな口調で、「もっと○○したほうがいいと思うよ」と言ってみてください。かえって正直に言うことが、打ち解け合うきっかけになることも多いですよ。

■ 冗談交じりに嫉妬が言い合える

彼氏がほかのかわいい子や、セクシーな人に見とれているシーンを想像してみてください。

「ふーん、私よりそっちがいいんだ~(ニヤリ)」など、冗談交じりに嫉妬が言えますか? 彼氏のほうも「俺じゃなくてもいいってことかよー!」なんて言えるとしたら!

きっとそれは、ふたりの間に揺るぎない信頼があるのでしょう。冗談交じりに嫉妬が言えるときも、その信頼を感じて、愛を実感してくれているはず。

こうした信頼は、1日1日の積み重ね。小さな気遣いと感謝で、関係を深めていきましょう。

■ おわりに

どんな幸せも愛も、小さなことをひとつずつ積み上げていった結果、感じられるようになるものです。

いろいろなところで幸せを感じられるようになれば、きっと小さなことでも愛を感じられるようになるはず。

まずは、いま手にしている関係に感謝しつつ、小さな幸せを彼氏に伝えるよう心がけてみましょう。

(橘遥祐/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ