Googleの自動運転車Waymoがついに実用化。お金もらってお客さんを乗せます!

20181207-uber-wants-waymo-tech
Image: Waymo

Googleというか、Alphabet傘下ね。

私たちは、今、まさに自動車が大きく変化しようとする時を生きています。アメリカ現地時間で12月5日の水曜日、Googleスピンオフの自走運転車Waymoが、世界初の自動運転車商業タクシーをスタートしたと発表しました。

Googleが自動運転車のテストを公道でスタートしたのは、約8年前のこと。以来、Waymoは商業化に向けて少しずつ、しかし着実に前進してきました。アリゾナ州フェニックスにて、限定エリアで限られた人たちだけを被験者として、慎重に慎重にテストを重ねました。Uberなどライバルと競いつつも、誰より先に商業タクシーまでこぎつけたのは、努力のたまものでしょう。ぜひ、Waymoのタクシーに乗ってみたい!と思いますが、今はまだ利用できるのは一部の人たちだけ。

WaymoのJohn Krafcik CEOは、商業化タクシーを発表したブログの中で、現在利用できるのは初期テストプログラムに参加してくれた数百人のみだけだと説明。Waymo Oneアプリにアクセスすることができるのは、この人たちだけ。彼らからさらにフィードバックをとることで、すべての人が利用できるサービス開始を目指します。では、今までのテストと何が違うのでしょう? なにをもって世界初の自動運転商業タクシーと言っているのでしょう? それは、お金が発生するか否か。今回のテストは今までと違い、利用者が運賃を支払います。テストプログラムに参加している人たちといえど、お金を払うとなればお客さんです。今までにないフィードバックがでてくることでしょう。

Waymoサービスは24時間利用可能。可能エリアはアリゾナ州のチャンドラー、テンピ、メサ、ギルバート限定。また、用心には用心を重ね、自動運転ではありますが、Waymoスタッフが1人運転席に同乗します。The Vergeがさっそく試乗しており、問題なく目的地まで到着したと報告。スタッフ同乗なしでとリクエストしたそうですが、Waymo側に却下されています。

自動運転車は、テストの段階ですでに事故を起こしています。Waymo事故を起こしたし、Uberに至っては事故で死者がでています。これを考えれば、まだ今は、今回のWaymoのように慎重すぎるほどの対応がユーザーにとっては安心。Waymoを利用したユーザーたちは、学校、職場、モールやクラブなど、すでにあちこちWaymoを使って移動しているとのこと。



今はまだ特定エリアの特定の人たちだけ。それも、テストプログラムに参加するような人たち=自動運転車に好意的な人たちが相手ですから。誰もが乗れるようになのにはまだまだクリアすべき問題あるでしょう。本当の意味での実用化はもうちょっと先の話。それでも、自動運転車がお金を稼ぎ始めたといのは、記念すべき大きなマイルストーンです。

Source: Waymo, CNBC, TechCrunch, The Verge

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ