予想外の回答【新宿に建売住宅の値段で注文住宅を建てて住んでいます】

日刊Sumai

2018/12/7 11:50

こんにちは。新宿に注文住宅を建てて暮らしている鳥と申します。
3か月ぶりに土地仲介の営業Sさんと会い、R社との建築条件付きの工事請負金額から300万円値引きをしてもらえないか交渉しに来た鳥夫婦です。
具体的で説得力ある話をする鳥夫婦

「知り合いの専門家に相談したところ、○○工法というものを知りました。私どもも調べたところ、当初から懸念していた結露対策にも優れている工法でして。どうしてもこの工法で建てたいので、設計R社にもお願いしたのですが、施工T社にはできないということで断られてしまい……」
「耐震もしっかり考えるべきだと思っているのですが、R社さんの仕様では耐震等級が最低限に設定されてました。耐震等級を上げたいと伝えたところ、オプションで200万円アップだと言われて……」
「シロアリ対策も……」
鳥夫の訴えに、Sさんは驚いた表情や共感の表情を見せながら、
「そうですか……それは困りましたね」
「大事な家造りですからね……」
と受容の姿勢で聞いてくれました。
どうせ事前にR社に問い合わせて、状 況 は 把 握 済 み な 癖 に
鳥も打合せ通り、終始うつむいたまま、ポツリポツリと
「建築士と造る注文住宅をイメージしていたのに、R社との家造りは決められた選択肢から選ぶだけで……。間取りも全部私の言いなりで、ほぼ提案がなかったです。設計士の保奈美さんも、”私は建売の設計しかやったことがない”とおっしゃってて……」
などと力なく話し、
「こ の 物 件 は 私 に は 辛 い で す」
というメッセージを送り続けました。

Sさんから予想外の返答が!?

このように一通り不満点を説明させてもらった後、鳥夫はただそのままの本心をSさんに話したとのこと。
「でもR社さんは良くやってくれたと思っています。R社さんが悪いとかではなく、こちらのニーズと合わなかっただけで。でもR社さんに建ててもらう気持ちにはなれません。そこでどうしたらよいか、Sさんにご相談に伺ったのです……」
そして鳥夫は、次に建築条件外しや300万値引きの話を切り出そうと、Sさんの反応を待っていたとのこと。
しかし、ちょっとだけ動揺の色を見せたSさんから、予想外の返答が……。
「そうおっしゃってくださるとR社も安心すると思います。そういうことでしたら、建築条件付を外してもらいましょう。もうやってしまった構造計算代は、R社の問題ですから、それを鳥夫婦さんに求めるのはおかしいでしょと突っぱねます。ただ配管などの実費は求められると思います。経験上、100万円はいかないと思いますが……」
・ ・ ・ え っ !?

まだこちらから何もお願いしていないのに、先にSさんから
  • R社に建築条件を外してもらう
  • 配管などの実費だけ(100万以下)は請求されると思う
という話をされてしまった鳥夫婦。
あまりの予想外の展開に唖然として何も言えずにいたところ、Sさんが
「ちょっとお待ちくださいね。うちの支店長がR社の社長ととても仲が良いので、ちょっと支店長に話を通してきますね」
と席を立っていきました。

広めの接客フロアにぽつんと取り残された鳥夫婦。
予想だにしない展開に、内心ものすごくびっくりしていました。
でももしかしたら隠しカメラやマイクがあるかもしれませんので(心配性活動の一環)、あくまで平静を装いつつ大人しく待っていました。
ただSさんの話しぶりが、違和感を感じるほどサラサラッと結論まで流れた様子から、
  • R社にそのように交渉する想定で動いている(ある程度の自信がある)
  • 実は、もうR社とそのように話がついている
という背景があることが感じ取れました。


■この連載の一覧を見る■

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ