「変に乗せられて言うのも違う」SKE48の5期生・江籠裕奈&古畑奈和インタビュー!

ザテレビジョン

2018/12/7 12:00

2018年は年明けから“10周年イヤー”と銘打ち、コンサートやイベント出演など、例年に増して精力的に活動し、10月5日に劇場デビュー10周年を迎えたSKE48。12月12日(水)には“10周年イヤー”を締めくくるニューシングル「Stand by you」をリリースする。

今回は江籠裕奈&古畑奈和の5期生コンビにインタビュー。「Stand by you」やチームKIIの楽曲「蹴飛ばした後で口づけを」について話を聞き、さらに“熱い”SKE48の一員として活動する2人にある質問を投げ掛けた。

――では、早速ですが、新曲「Stand by you」がどんな曲か教えていただけますでしょうか。

古畑:お休みしていた(松井)珠理奈さんが帰ってきて最初のシングルで、かつ11年目のスタートを切る曲でもあります。

ファンの方にとっても、メンバーにとっても、珠理奈さんに対して「いつも私たちはそばにいるし、一人じゃないよ」「離れていてもちゃんと珠理奈さんを待っている人はいるんだよ」って、そういう気持ちに重なる歌詞だなって思います。

メンバーの立場からは「いつでもそばにいるよ」って珠理奈さんに語り掛けているような感じですし、MVでも途中、珠理奈さんが寂しそうに落ち込んでいるところで、私たちが声を掛けて珠理奈さんが明るくなるっていうシーンがあるんです。

そういうところにも「ちゃんと私たちは珠理奈さんのそばにいるんだよ」っていうメッセージを込められていると思うので、私にとっては“珠理奈さんとの絆を深める曲”って言ったらちょっと大げさかもしれないですけど、そう感じるくらい、この曲をいただけたことがうれしかったです。

江籠:奈和ちゃんがほとんど言っちゃったけど(笑)。MVでは前後がオレンジと白で切り替わっている衣装を着ていて、曲中もクルクル回ったり、フォーメーションで変化を見せる振り付けがあります。「ミュージカル風に」って振り付けの先生や監督さんから言われていたので、それがすごく印象的でした。学校が舞台で、それぞれにキャラクター設定があって、部活も決まっていたんです。

――お二人は何部の役だったんですか?

江籠:私は“無理やりバスケットボール部に入れられてる”って役でした。

――無理やりなんですね(笑)。

江籠:途中で吹奏楽部に移籍します(笑)。

――ちなみに、バスケをやるシーンはあったんですか?

江籠:バスケをやるシーンはなかったです。バスケ部のメンバーが教室で演劇部の子の台本を取り上げて意地悪するシーンがあって、私はその子たちに「やめなよ」って言う役でした。

古畑:取り上げたのは誰だったっけ?

江籠:(北川)綾巴とかおーちゃん(末永桜花)かな。

――古畑さんは何部の役だったんですか?

古畑:私は教室の片隅で本を読んでいる、部活に所属していない地味な子の役でした(笑)。

――カップリングで入るチームKIIの楽曲「蹴飛ばした後で口づけを」についてもお聞きしたいんですが、今回のはなかなか過激な内容だと伺っています。

古畑:カップルの話なんですけど、男性が浮気をして、その相手が彼女のお友達なんです。それで彼女が「私の友達に手を出すなんて最低!」「地獄に堕ちろ!」みたいな感じで。

江籠:歌詞にありますからね、「堕ちろ!地獄!」って(笑)。

古畑:それでヒートアップしちゃって、蹴っ飛ばしたり…実際にしたかは描かれていないんですけど。でも、その後に「キスしてよ」みたいな、ちょっとクレイジーな内容です(笑)。

――MVはどうなっているんでしょうか?

古畑:フィンガーダンスをやりました。手だけを使うダンスなんです。

江籠:ずっと椅子に座って上半身だけで動く振り付けだったんですけど、すごく難しくて苦戦しました。全然覚えられなかったです。

――歌詞の世界観もMVのフィンガーダンスも、共に要注目ですね。話は変わりますが、2018年は年明けから“10周年イヤー”と銘打って活動してきたと思うんですが、今年を振り返ってみていかがですか?

江籠:「無意識の色」は今年のシングル(1月リリース)なんだけど、もっと前に感じない? MVを撮ったのが1年前くらいだからかな。

古畑:確かに。シングルはあと「いきなりパンチライン」(7月リリース)だね。

江籠:今年は充実し過ぎて「無意識の色」がすごく昔に感じる。

古畑:私も充実して幸せな1年でした。(東海テレビ「SKE48 むすびのイチバン」のSPで)ラスベガスに行ったのは今年?

江籠:今年かなぁ? 去年じゃない?

古畑:やばい、この前今年だと思って喋ってた(笑)。(※編集部注…2017年12月16日放送でした)

――そんな10周年イヤーに密着したドキュメンタリー映画「アイドル」の公開もありましたよね。

江籠:10月の公開でしたね。

――その流れなのか、最近メンバーの皆さんが“熱い言葉求められがち”みたいなところもあるのかなって思うんですけど。

江籠&古畑:(笑)。

――何かそういう流れを華麗にかわしてる2人なのかなと。

江籠:そんなことないですよ!(笑)。

古畑:華麗にかわしてるつもりないですよ!(笑)。

――お二人が登壇した舞台あいさつを見に行った人の感想をSNSで見て、「そうなのかな?」と思いまして…。

古畑:ネットだけを信じちゃダメですよ!

江籠:本当にそう!

――だから直接お聞きしたいなと思って、今回お二人のインタビューをお願いしたんです。

古畑:どうなの?

江籠:別にかわそうとか、そういうつもりはなかったですけど。

古畑:そうだよね。

江籠:映画自体は、あまりファンの方には見せてこなかった私たちの舞台裏がたくさん映っていたので、握手会でもファンの人に「どうなの?」って聞かれたりもしました。私たちは普段から見ている光景だし、それがファンの人にどう見えたかっていうのは気になりましたけど、どうなんですかね?

あの舞台あいさつのときは、竹中監督(※)がグイグイ来てくださったので…(笑)。(※同映画の監督を務めた竹中優介氏)

古畑:そういう言葉を求められない人でいるよりはうれしいことだと思うから、確かに「大変だな」って思うときはありますけど(笑)、別にそれを苦に感じたことはないかな。

でも、正直でいたいな思うところはありますし、自分の気持ちが高ぶったときとか、ちゃんと自分が「言いたい」って思ったときに言った方がより本当の気持ちに近いと思うから、変に乗せられて言うのも違うかなって。自分の気持ちは貫いて、言いたいときに言おうっていう、私なりの信念を持ってやっています。

――…ここでお時間が来てしまいました! お二人から直接聞けてよかったです、ありがとうございました。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171438/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ