西野カナ、ファンに感謝「今年は夢がかなった」 デビュー10周年、ライブで47都道府県制覇

テレビファン

2018/12/7 10:47


 歌手の西野カナが6日、都内のJPタワー商業施設「KITTE」で、「WHITE KITTE Special LIVE」を開催。館内に集まったおよそ1000人の観客を魅了した。

「WHITE KITTE」は、館内にいながら白銀の世界を体感できるクリスマスイベントで、本物のモミの木を使った、約14.5メートルのホワイトツリーが展示されている。真っ白に雪化粧したクリスマスツリーに、西野は「結晶のキラキラしたオブジェがとてもすてき。実はきょうのピアスも合わせてきました」と大興奮だった。

デビュー10周年を迎えた西野。「ライブ三昧で全国いろんなところにお邪魔し、今年は『ワンマンライブで47都道府県全県達成』という夢もかなえることができ、充実した1年でした」とファンに感謝の気持ちを述べた。

会場では、映画『3D彼女 リアルガール』の主題歌となった「Bedtime Story」を披露。西野は、「映画を見て、お互いに不器用ながらも一生懸命真っすぐ思い合っている(男女の)姿が、ホンマにすてきやな…と心を打たれて。どちらか片方でなく、両方の気持ちを描けたらと思い、ストーリーテラーになったつもりで物語を描きました」と歌詞の制作過程を語った。

クリスマスの思い出を尋ねられると、友人を自宅に招いて開催した去年のホームパーティーで、西野が、カリフォルニアロールやフライドチキンなどの料理を振る舞ったり、プレゼント交換を行ったりした様子を紹介。「料理は普段全然しないのですが、その日だけちょっと頑張って朝から準備しました。我ながらおいしくできたと思います。今年も企画をしています」と声を弾ませた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ