週間天気 厳しい寒さ 冬の嵐

日直予報士

2018/12/7 11:27

この先は、全国的に冬本来の寒さが続きそう。特に土日は厳しい寒さに。北日本は大雪や吹雪で、北陸から山陰の平地にも雪雲。

●あすの天気

日本付近は冬型の気圧配置に。「平地で雪」の目安となる、上空1500m付近で氷点下6度以下の強い寒気が西日本まで流れ込むでしょう。
【天気】
北海道や東北は日本海側を中心に雪。一気に積雪の増える所もあるでしょう。風も強く、ふぶいてかなり見通しが悪くなるおそれがあります。大雪や吹雪で、交通に影響が出ることが考えられます。お出かけの方は、情報を十分に確認のうえ、時間に余裕を持った行動を心掛けてください。
北陸は冷たい雨や雪。山沿いは雪が積もるでしょう。平地も内陸を中心に雪になり積もるおそれもあります。
関東と東海はおおむね晴れますが、山沿いは雪で、積もる所もあるでしょう。
近畿と中国地方は雲が広がりやすく、日本海側は雪や雨。峠は雪の積もる所があるでしょう。平地では、雪は交じるくらいで積もる可能性は低いですが、路面の凍結には十分な注意が必要です。
四国と九州南部は大体晴れますが、九州北部は所々で雨や雪。峠では路面に雪が積ったり、凍結する所がありそうです。
沖縄は曇り空でしょう。
【気温】
朝は全国的に今朝より冷えて、日中もあまり上がりません。北海道は氷点下のままで、東北は5度前後、北陸や西日本の日本海側も8度前後までしか上がりません。関東から西の太平洋側も10度前後の所が多いでしょう。各地で季節風が強く、いっそう寒く感じられそうです。

●あさって以降の天気

9日(日)も冬型の気圧配置で、強い寒気が居座ります。日本海側は、西日本を含めて広い範囲で雪。引き続き、積雪や凍結による交通の乱れに注意が必要です。日差しのある太平洋側も、冷たい北風が吹いて、真冬並みの寒さの所が多いでしょう。10日(月)になると、日本海側の雪の降り方は次第に弱まり、止む所も増えてきます。
ただ、その先も、暖かくなることはなく、この時期らしい冷たい空気に覆われたままでしょう。北海道や東北は、日本海側を中心に連日のように雪が降ります。また、低気圧が通るため、11日(火)から12日(水)は関東から西も広い範囲で冷たい雨が降るでしょう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ