ノンスタ石田 M―1暴言騒動 “相方不祥事”の先輩として田中&村田に伝えた心構えとは

 お笑いコンビ「NON STYLE」の石田明(38)が6日深夜、ニッポン放送「ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン」(木曜深夜1・00)にゲスト出演。「M―1グランプリ2018」決勝の審査を巡り、審査員を務めたお笑いタレント・上沼恵美子(63)に対する暴言を動画で配信し、騒動になっている昨年王者の「とろサーモン」久保田かずのぶ(39)と今年のファイナリストである「スーパーマラドーナ」の武智正剛(40)の相方2人に送ったメッセージを明かした。

 この日のゲスト出演は1年前からオファーが来ていたという石田は「ここ入るまで、有楽町を1時間ぐらい歩きました。いろいろしました」としつつ、「1年前からオファーしていただいていて、まさかこんな冒頭になるとは…」と苦笑するばかり。

 平成最後の大会は霜降り明星が史上最年少で第14代王者に輝いた。「せっかく25歳、26歳の霜降り明星というニュースターが現れたので、そっちにスポットライトが当たればいいなと」と暴言騒動ばかりに世間の注目が集まることを懸念。「いったん、録画しているM―1をもう1回見てもらったらいい。僕は昨日見て、すっきりした。『やっぱM―1はええ大会やな』って。M―1の最後の思い出はそれにしてほしい」と話した。

 暴言を吐かれた上沼に対しては「タレントとしてもM―1を支えている方やと思うので、ちゃんと物語を作ってくださっている。女性の代名詞というところもある」とM―1には必要な存在であることを強調。これには、パーソナリティーのお笑いコンビ「ナインティナイン」の岡村隆史(48)も「俺はやっておいてほしいねん、絶対に」と同調した。

 岡村が「あの2人には猛省していただいて、また漫才頑張ると」と2人への反省を促すと、石田は「2人ともそう言ってました」と騒動後、2人とコンタクトを取ったことを明かした。「やっぱり“同期”なので連絡したところ、『猛省中です。反省して、漫才また笑ってもらえるよう作っていきます』と言っていた」と報告。さらに「(2人相方の)田中(一彦)と村田(秀亮)さんに僕からはメッセージを(送った)。『耐え忍ぶこと、石田のごとしやぞ』と」と相方・井上裕介(38)の不祥事に苦しんだ“先輩”として自身の経験からアドバイスを送ったことを告白した。

 石田の粋な計らいに、岡村が「耐えて耐えて、それを笑いに変えていくと…。石田は実際やったもんな」と感心すると、石田は「これは許してくれている方がいたから。それがないとできないこと。まずはそこ」と冷静に答えた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ