オリラジ中田、福山雅治…「キモい」「需要なし」ラジオの発言が物議を醸した芸能人4人!

TOCANA

2018/12/7 09:00


 テレビよりも自由な発言ができる“ラジオ番組”。しかし思いがけない一言で炎上してしまう芸能人も少なくはない。お笑いコンビ・オリエンタルラジオの中田敦彦(36)は、11月14日にオンエアーされたラジオ番組『中田敦彦のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)での発言が注目されている。

中田はラジオ内で、長寿番組のあるべき姿について「レギュラー番組は8年でいい」と持論を展開。その理由を「米国の大統領は任期8年が限度」「トップに上り詰めたあとは“長くいること”だけを考えてしまうため、任期は長かったけれど最終的に組織はボロボロになったという歴史がある」と説明していた。

中田の発言に、ネット上では「これラジオで言うの?」「もっと活躍してから持論語って」「自分は出演する立場のくせに」といった反響が続出。

今回は中田のように、ラジオでの発言が物議を醸した芸能人たちをご紹介していこう。

福山雅治

シンガーソングライターで俳優の福山雅治(49)は、2017年6月放送の『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)で発した“BL(ボーイズラブ)”ネタが話題に。

この日の放送で、「BL脚本を募集しましょうか。読み上げますよ」と募る福山。またラジオ公式Twitterにも「セリフありでお願いします! 良いもの頂いたらラジオドラマでやってみようかと思います」と投稿していた。さらにラジオ内では、イケメン俳優の菅田将暉(25)やベテラン俳優・香川照之(52)とのBL妄想も語っている。

福山のBL発言には歓喜の声が上がるかと思いきや、「おっさんに需要なし」「落ち目だからって腐女子に媚びてこないで」「落ち着いたらどうですか?」「初老だからボーイズじゃないでしょ」と辛辣な声が上がっていた。

岡村隆史

ナインティナインの岡村隆史(48)は、ラジオで過去に噂された熊田曜子(36)の名前を出して視聴者をドン引きさせている。事の発端は2016年7月放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)に出演した岡村の発言。

リスナーからの“結婚相手の妥協できない条件”という質問に、顔を1番重要視している岡村は「ずっと好きやもん、熊田曜子の顔」と回答した。ネット上では「相手は結婚してるのに名指しとかデリカシーなさすぎ…」「何年も引きずっててキモい」「童貞をこじらせたおっさん」「言われたほうの気持ち考えろよ」と手厳しい声が上がっている。

矢作兼

今年の3月に放送されたラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)へ出演した、お笑いコンビ・おぎやはぎの矢作兼(47)。彼はラジオで“テレビのロケ中にカメラの前を横切る男性”を「老害」と言って炎上していた。

また矢作は過去に同ラジオ番組内で、元SPEEDのメンバー・今井絵理子参院議員(35)の不貞疑惑について「すごい嬉しかったろうなぁ、SPEEDと恋仲になれて」と発言。ほかにも引退したグラドルに「売り方さえ間違えなければ」などコメントし、ネット上では「矢作さんラジオだと水を得た魚のようにキツイこと言ってるね」「ラジオの矢作さんはめちゃくちゃ口悪いイメージ」といった反響が起こっている。

もしかしたらラジオを使った新しい炎上商法なのかもしれない。

(文=ヤーコン大助)

※イメージ画像は、「gettyimages」より

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ