アメコミ系フィギュア、ゴジラ、あの新作の巨像まで!「東京コミコン 2018」まとめ②【写真18点】

Movie Walker

2018/12/7 08:30

11月30日から12月2日にかけて行われた「東京コミコン 2018」。ポップカルチャーの祭典と称されるにふさわしく、会場には映画、漫画、アニメ、フィギュアなど、様々なレアアイテムの展示や、個人、企業のブースが出展し、イベントを盛り上げた。そんな会場の様子を振り返り!今回はフィギュアの販売や、新作のPRを行なっていたブースを中心に紹介していきたい。

■ アメコミ系からあんなものまで!映画ファンにはたまらないフィギュアの数々!

会場には、様々なフィギュアメーカーが軒を連ねており、これでお財布の中身が“すっからかん”になってしまったという人も多いことだろう。その中でも、多くの人が訪れていたのが、サノスと特大ガントレットがお迎えするホットトイズのブースだ。アメコミ系を中心に取り扱っており、MARVEL、DCのフィギュアがズラリと並び、「東京コミコン 2018」限定のアイテムとして、ブラックパンサーやデッドプールも展示。表に飾られていたスタン・リーのフィギュアは多くの人が写真を撮っていたのも印象的だった。

こちらも映画好きならたまらないアイテムが多数集合しており、1/4という迫力満点のスケールで、質感まで見事に再現したプライム1スタジオの超精巧なエイリアンや、『2001年宇宙の旅』(68)の撮影に使用された全長約16メートルのディスカバリー号を、1/10サイズで再現した海洋堂のアイテムなど、正統派からユニークなものまでバリエーションも豊富。

さらには、『ブレードランナー』で主人公のデッカードが使用している銃を再現し、そのクオリティの高さから続編『ブレードランナー2049』(17)では、実際に撮影用プロップとして使用されたという逸話を持つ、留之助商店の「留之助ブラスター」など、銃器を取り扱ったショップもあり、改めて「コミコン」のマニアックさの底力を感じることができた。

■ 巨大立像から、映像コンテンツまで、様々な方法で作品をアピール!

来年公開の注目映画など、映像コンテンツに関連したブースも出そろい、様々な方法で作品をアピール。3月22日(金)公開の『バンブルビー』のエリアでは、3メートルはあろうかという巨大なバンブルビーの立像がお出迎え。また『アクアマン』の公開が2月8日(金)に控えるワーナー・ブラザーズのブースでは、『ジャスティス・リーグ』の面々が等身大立像として並べられたやぐらが組まれ、『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』(5月31日公開)のゾーンでは、ゴジラの巨大像に加え、今回登場するモスラやキングギドラといった人気怪獣たちのバンダイスピリッツ社のフィギュアが一緒に展示されていた。

その他に、映像技術を駆使したものが多数あり、『スパイダーマン:スパイダーバース』のゾーンでは、巨大スクリーンに自分の顔がはめ込まれたキャラクターが登場する予告編が映し出されるというユニークなものも。また『スター・ウォーズ』のエリアでは、ミレニアム・ファルコン号のコックピットからの景色が楽しめる映像を流していたり、マーベルゾーンでは、自分の体を動かすと、前の画面に映し出されたアイアンマンが同じ動きをするという疑似体験コーナーなどもあり、アイデア満載の催しを楽しむことができた。

これら以外にも、特殊メイクアップアーティストのAKIHITOによる生パフォーマンスがあったり、個人出展のアーティストがその場で作品を描きあげたり、Tシャツなどのアパレル系やコミックスの店舗が並んでいたりと、様々な角度からポップカルチャーを楽しみ尽くせるような、最高の空間が広がっていた。(Movie Walker・取材・文/トライワークス)

https://news.walkerplus.com/article/171533/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ