マツコが要望する『髪を切らないトリートメント専用美容室』の需要とは?

※画像は、マツコデラックス — ナチュラルエイト より


12月3日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)では、コラムニストのマツコ・デラックスが、気軽にお洒落が楽しめる“髪を切らない美容室”として売上を伸ばしている『アトリエはるか』から、新たなビジネスを思いついた。

マツコ「髪が2ヶ月でボロボロになる」



駅ナカや駅チカでヘアメイクやネイルといった“髪を切らない美容室”として成功を遂げている『アトリエはるか』が紹介されると、マツコは「これ、他の事でも何かできそうだよね」と興味津々。続けて「もうやってんのかな?」と少し考えると「シャンプーを人にされたい時ない?」と隣に座る株式トレーダーの若林史江とアシスタントの上田まりえに同意を求めた。

続けて「何かね、意外とね髪ってそんなもたないんだよね。トリートメントとかね」と言い「結構美容院でやってもらっても一週間か10日ぐらいで抜けちゃって、で、頻繁に女優さんみたいに」と言いかけると、アナウンサーである上田の方を向き「まあ、上田さんとかやられてるのかな~。髪ツヤツヤだもんね。無駄に」と軽くディスるマツコ。

また「頻繁に美容室のトリートメントをやんないと(髪は美しく保てない)」と言い、「だけどいつも行ってるとこにトリートメントをしに行っても結構(お金を)取られたりするから」と経済的な問題を指摘した。

これに若林も「(お店に)申し訳ない気持ちになるの。それだけに時間を拘束するのが」と同調。するとマツコは「だからここで例えば3000円ぐらいでトリートメントをガッツリ入れてくれますとかだったら、髪切るのはケチってる人でも(利用するのでは?)」と言い、さらに「(髪を切るのは)2ヶ月に1回ぐらいでいいじゃない?ヘタしたら。女の人って。(髪を)揃えるだけでいいのよ」とマツコ。

続けて「男の人は(髪が)短いから頻繁に行かないとダメだけど、結構ロングだとヘタしたら半年ぐらい行かなくてもOKな感じなのよ。だけどトリートメントは2ヶ月ぐらいするともうボロボロになるから」と、髪を切らないシャンプー&トリートメント専用の美容室の需要を訴えていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ