石破茂元防衛大臣「単なる娯楽作品ではない」『シン・ゴジラ』の魅力を語り尽くす!

テレビドガッチ

2018/12/7 05:30

2016年に『ゴジラ』シリーズとして12年ぶりに復活した特撮アクション大作『シン・ゴジラ』。興行収入82.5億円という歴史的大ヒットを記録した同作が、12月16日(日)21時からテレビ朝日系にて放送される。

昨年11月に同局で地上波初放送した際には、SNSで「ゴジラ」「無人在来線爆弾」「内閣総辞職ビーム」といったワードがトレンド入りする“祭り”状態に。『エヴァンゲリオン』シリーズの庵野秀明総監督が長谷川博己、竹野内豊、石原さとみら超豪華俳優陣とともに復活させた伝説の巨大怪獣が、2018年12月に再び日本のお茶の間を席巻する。

テレビ朝日では『シン・ゴジラ』の放送に先駆け、自民党衆議院議員で元防衛大臣の石破茂氏が『シン・ゴジラ』について語る特別PRを、12月7日(金)よりテレビ朝日系にて随時オンエア。劇場公開時に「ゴジラなるものがどう変わったのか、興味があった」と、人に勧められたのではなく自らの意思で作品を見たと言う石破氏。これまでに3回も『シン・ゴジラ』を鑑賞したそうで、「見れば見るほど感じるものがあった」といい、「恐ろしい映画。いろいろなことを考えさせられる、単なる娯楽作品ではない」と語る。石破氏にとって『シン・ゴジラ』の魅力とは? 見る回数を重ねるごとに新たな何かを感じることができる、そんな『シン・ゴジラ』が持つ奥深さを石破氏独特の語り口で披露する。

また『シン・ゴジラ』放送当日の12月16日(日)の13時55分(※一部地域を除く)から、昨年11月に放送しゴジラマニアのみならず幅広いファンの間で大反響となった『ゴジラ総選挙』を再放送。映画『ゴジラ』シリーズに登場する怪獣の中で、最も人気のある怪獣を決定する。さらに俳優の佐野史郎、映画評論家の有村昆らゴジラを愛する各界の有名人が、それぞれのゴジラへの思い入れや好きなシーン、好きなキャラクターを熱く語る場面も。総選挙の結果はもちろん、紹介される『ゴジラ』シリーズの貴重な映像の数々は永久保存版。『シン・ゴジラ』を見る前に、ゴジラの凄さを改めて認識できる『ゴジラ総選挙』は必見だ。

さらに『シン・ゴジラ』放送終了後には庵野総監督の貴重なサイン入りグッズや、劇場公開時のノベルティグッズなどが当たるプレゼント企画が用意されている。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ