中居正広、大魔神・佐々木主浩も怖かったという「MLBの乱闘事情」に切り込む『珍プレー好プレー』

テレビドガッチ

2018/12/7 05:00

中居正広がMCを務める土曜プレミアム『中居正広のプロ野球珍プレー好プレー大賞2018』(フジテレビ系)が、12月8日(土)21時から放送される。年に一度、番組ならではの、ハプニング、パフォーマンス、乱闘シーンありのマジ半端ない映像をたっぷり紹介する。

業界一の野球好きと言っても過言ではない中居とともにスタジオを盛り上げるのは、進行の山崎弘也(アンタッチャブル)と、宮司愛海アナウンサー。「珍プレー好プレー大賞」の見どころの1つとなっている“おもしろナレーション”は今回、山崎が担当する。審査員は、井森美幸、カンニング竹山、佐々木彩夏(ももいろクローバーZ)、佐々木主浩、前園真聖、元木大介の6人が務め(※五十音順)、審査委員長はみのもんたが担う。プレイヤーズゲストとして、井上晴哉選手(千葉ロッテ) 、大島洋平選手(中日)、甲斐拓也選手(福岡ソフトバンク)、杉谷拳士選手(北海道日本ハム)、山川穂高選手(埼玉西武)の5選手がスタジオに集結。

「ハプニング珍」で紹介された山川選手の守備に対し、「少年野球ですか、これ。プロですよね!?」と、野球好きの中居だからこそできる愛のある厳しいツッコミにスタジオが笑いに包まれる。「痛い珍」では、守備中にチームメートとの危険な接触により大量出血し、意識がもうろうとなった杉谷選手に、中居がその時の心境にグイグイ迫る。

また、昨年大好評を博した「プロ野球被害者の会」では、被害者たちが一言言いたいということで、今年もスタジオに集まり当時のウラ話をすべて語り尽くす。今回被害者として登場するのは、池山隆寛、佐々岡真司、藪恵壹の3人。悲鳴と爆笑が交互にこだまする3人の赤裸々告白に注目だ。「怒り乱闘珍」では、デッドボールに鬼の形相で激怒するバッターの制止に入ったキャッチャーの甲斐選手に中居が当時の気持ちを訪ねるのだが、「本当、熊が出たかと思いましたよね!」と、中居が口にするほど怒っている選手に対し、甲斐選手はなんと答えるのか?「MLB珍」ではメジャー経験のある佐々木にMLBの乱闘事情に切り込む。“大魔神”でも「(デッドボールを)当てたとき怖かった……」と話す、MLBの見るも恐ろしい乱闘事情とは!?

そして、「ありがとう星野監督珍」では、みのが生前の星野仙一さんとのやりとりを紹介する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ