『獣になれない私たち』新垣結衣が社長に爆発も、獣になれず……視聴者「もう期待できない」最終回目前で離脱!?

日刊サイゾー

2018/12/6 23:00


(これまでのレビューはこちらから)

新垣結衣主演ドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系)の第9話が12月5日に放送され、平均視聴率7.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録しました。

前回から2.8ポイントもダウン! 最終回目前ですが、やはり暗すぎの上にまったく進まない内容のために視聴者から「このドラマはもういい!」と見放されてしまったのでしょうか!? ん~最終回はどうなるのか。少し心配ですね。

ではでは、今週もあらすじから振り返っていきましょう!

■晶と恒星、ついに“ラブ”が生まれる!?


 会社の待遇改善に乗り出した晶。その甲斐あって、社員のモチベーションが上がり、新人の朱里(黒木華)も会社になじんできた。そんな中、九十九社長(山内圭哉)が晶は営業部長、朱里は社長秘書に任命。2人は九十九社長からパワハラのような仕打ちを受ける。

一方、呉羽(菊地凛子)は恒星(松田龍平)とのハグ写真が週刊誌に掲載されてしまいマスコミから追われる身になってしまう。

そんな中、京谷の母・千春(田中美佐子)が突然上京してきて京谷の自宅へ向かうも、朱里と鉢合わせ。びっくりした朱里は晶の自宅へ逃げてくるものの、そこでも千春と鉢合わせしてしまい、晶を入れた3人で話し合うことに。これまでのいきさつを知った千春は京谷に呆れるばかり。しかし一方で、朱里には「あなたにつらく当たってしまってたかも。ごめんなさい」と謝罪し、嫌われていたと思っていた朱里は安堵。3人仲良く飲み始めた。

翌日、晶と朱里は仲良く会社に出社するも、九十九社長の扱きがさらに酷くなる。それに耐える朱里と何とか朱里に頑張ってほしいとバックアップする晶。しかし、朱里は重大なミスをしていまい、会社を無断欠勤。晶の前からも消えてしまう。

朱里を助けられず、ショックを受ける晶。しかし、九十九社長はいなくなった朱里の悪口を言い続ける。そんな九十九社長に晶はついに爆発するも、「だったら会社を辞めろ」と言われ、「すみませんでした」と謝罪してしまう。

さらにショックを受けた晶は恒星に愚痴る。しかし、恒星も粉飾決算を断れず、自暴自棄に。そんな2人は傷を舐めあうかのように、一夜を共にしてしまう、と言うのが今週のストーリーでした。

■モヤモヤが解決せず、最終回へ……視聴者「もう期待できない」


 今回、これまでまったく進まなかった反動からか、展開が盛りだくさん!(あらすじが長くなってしまいました)。しかし、この展開の多さが、ネットでは不評の嵐。「ついていけない!」「なんか全体的に薄くない!?」との声のほか、「脚本が投げやりすぎ」との指摘も。確かに、今まで進まなかった1~8話あたりに9話の内容を振り分けてもよかったような……。

その上、晶がついに勤め先の社長に爆発して文句を言うんです。それに関しては「おお来た!」とネットも歓喜だったんです。しかし、社長に「だったら会社辞めろ」と言われ、晶はひるんでしまう(「おい! 胸ポケットに常に入れていた退職届、バーンってしろよ!」と思わずつっこんでしまいましたが……)という展開には「結局モヤモヤのままじゃん!」「元に戻っちゃった(苦笑)」とネットは激怒し、呆れ気味に。恒星の方も粉飾決算を断れず、朱里も仕事でミスして逃げちゃうし。詰め込んで無理やり進んだ展開が、結局振り出しに戻ってしまい、視聴者もガッカリしたよう。また、この展開から次回の最終回には「期待できない」との声、毎回放送を楽しみにしていたというファンからも「最終回がまったく楽しみじゃなくなった。こんなドラマ初めて」と苦情が(笑)。

ガッカリを通り越して、最終回目前で見放された感が浮上した同ドラマ。もしかしたら、最終回は自己最低なんてこともありえそうな予感がします。

■晶と恒星の進む道は選択肢がひとつしかない!?


 今回、傷を舐めあうように、寝ちゃった晶と恒星。一応、放送開始前は「“ラブ”になるかもしれないストーリー」というキャッチフレーズがついていたんです。けど、今回寝ちゃったら、もう2人の関係にラブが生まれる道しか残されていないような……。

今回の最後に晶の口から「間違えた?」なんてセリフが飛び出してましたが、仮に寝たのは間違えで、今後は友達のままなんていったら、ネットは大炎上するように思えるんですけどね(笑)。「セフレってこと!?」「そんな終わり方ってある?」なんて声が聞こえてくるのが目に浮かぶ(笑)。

ちゃんとした終わり方になるのか。先にも言いましたが、後半になってちょっと投げやり感が否めない脚本となってきているだけに、まとまった結末を期待したいですね。

■恒星の話が別物すぎて……松田龍平いらない説浮上!


 前回、恒星の話が進み、兄弟仲が元に戻ったんです。が、しかし、今週その話が一切出てこなく、前回の恒星の話が別のドラマのように思えてくるんです。また、ドラマ全体を通してみても、メインは晶の会社や恋だから、恒星のストーリーってあまり関係ないし、必要がないんですよ。

正直、恒星はいなくても話が進む、そんな存在なんです。ただ、スタッフの趣味でキャスティングしてぶっ込んだのかと憶測が飛びそうなくらいに必要なし! 今のところ、ただの晶のヤリ友要員状態です。

こんななんじになるんだったら、いっそ、晶と朱里が同じ職場で働き始め一緒に奮闘し、そこに京谷を絡ませた三角関係のお仕事&恋愛ドラマにしたほうがよかったんじゃないでしょうか。これであれば、日テレが求めていた「新垣結衣の恋愛ドラマ」もバッチリだし、俳優のギャラも少なくてすんだのに……。

まあ、残り1話で恒星がメインストーリーに絡んでくれればいいんですけど。そうなると、全体のストーリーが崩れてくるので期待はあまりしないでおきます。

以上、9話のレビューでした。

来週でついに最終回を迎える同ドラマ。正直、導入の1話と8・9話を見ただけでよかったような気分になったんですが……。しかし、ここまできたら最後まで見る覚悟! ちゃんと見届けましょう!

(どらまっ子KOROちゃん)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ