「JC・JK流行語大賞2018」予測は当たった?

“女子大生社長”椎木里佳が社長を務めるマーケティング会社・AMFは、「JC・JK流行語大賞2018」を発表した。

「JC・JK流行語大賞2018」は、“JCJK調査隊”の精鋭メンバーが選考したもの。 まず、「ヒト部門」で1位に輝いたのは、シンガーソングライターのあいみょんだった。あいみょんの曲は「盛れる」と話題になり、TikTokを通して女子中高生の間で大流行。国内配信チャートでも上位を独占し、今年の紅白歌合戦にも初出場が決定している。

2位は俳優の中村倫也に。ブレイクしたポイントは“リア恋枠”だ。昨年ヒト部門2位の竹内涼真に引き続き“リア恋枠”で女子中高生の人気を獲得した。以下、3位は今田美桜、4位はMrs.GREEN APPLE、5位はけみおがランクインしている。

次に「モノ部門」では、定番の人気ドリンクがさらにパワーアップした「タピオカ」が1位を獲得。インスタ映えするタピオカなど工夫を凝らす店が続々とオープンし、今年はタピオカ戦国時代と女子中高生に呼ばれるほどの人気となった。

2位の「PINK PINK MONSTER」、通称「ピンモン」はフリューのプリクラ機。あえて白の壁紙に顔の影を強調するなど異なる特徴で新たに関心を集めた。また、撮影の説明は全て韓国語でされるため、「韓国っぽ」として、インスタ上では#ピンモンで11万以上の投稿がされるなど女子中高生を中心に広がっている。

「コトバ部門」では、「タピる」が1位に。これはタピオカを飲む時や飲みたい時に使用されている。「タピりたい」「タピった」など、タピオカを動詞として使用し、タピオカ全盛期とも重なり今年多くの女子中高生の会話の中で使用された。

2位の「あげみざわ」は、YouTuberとして活躍するけみおの動画内で連発される言葉で、多くの女子中高生が真似して、テンションが上がったときや、ふとしたときに、一年を通して使用された。

3位の「どこまで行っても渋谷は日本の東京」は、2位に引き続きけみおのYouTube上での発言がきっかけで火がつき、渋谷に来たときはもちろん、プリクラでの落書きや、「どこまで行っても」と一人が言うと、「渋谷は日本の東京」とコール&レスポンスのような形で周りが答えるという現象も見受けられた。

なお、同社が昨年同時期に発表した「2018年JC・JKトレンド予測」(※2018年に流行ると予測したもの)は次の通り。

[ヒト部門]
杉野遥亮(モデル・俳優)
英亜くん、英蘭くん(台湾在住のイケメン日本人兄弟)
My Hair is Bad(ロックバンド)
藤野有理(モデル)
瑛茉ジャスミン(モデル)
BLACKPINK(韓国のガールズグループ)

[モノ部門]
ネコノヒー(4コマ漫画)
うさぎメーク
ヘアバトン
ヘアラインシャドウ
「Mr.インクレディブル」(映画)

[コトバ部門]
どちゃくそ
きびつい
〇〇盛
~ペン
森生える

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ