裏話や本公演では絶対にない学校の垣根を超えた企画が満載!テニミュ文化祭レポート

ザテレビジョン

2018/12/6 21:00

ミュージカル「テニスの王子様」15周年のスペシャルイベントであるテニミュ文化祭が11月23日、24日の2日間、東京・池袋サンシャインシティワールドインポートマートビル4階 展示ホールAにて開催された。

これまで本公演以外にコンサート「Dream Live」、大運動会、チーム別イベントを行ってきたテニミュ。

今回初の試みとなる文化祭は、1日2回完全入替制で各回2500人が参加し、文化祭実行委員扮するキャストとのふれあいを楽しんだ。

今までの催しと決定的な差は、キャストと客の距離の近さだ。ライブエリアでは各学校にちなんだメニューの屋台が出店。食券を購入し、時間によって異なるお当番キャストより手渡しされる。その際直接会話ができるため、公演の感想や、疑問点、中には「美味しくなる魔法をかけて!」とお願いする人も。キャストも1人1人、丁寧に笑顔で応えていた。

さらに袖水売り場では、キャストが舞台袖で飲んでいる「あの水」を販売。舞台に出るキャストは大人数のため、キャップに自分の名前やマークを書き、水を間違えないようにするという。普段は見本が置いてあり、それを真似して自分で書くこともできるが、告知なしでキャストが登場し袖水を販売すると、そのマークを書いてもらえるサービスも。

メインステージでは、時間によって様々な企画が行われた。カラオケ大会や放送部、そして食わず嫌いなどが開催。屋台の食レポや自身が演じる学校とは違うキャラクターソングを歌うなど、本公演では絶対に見られない学校の垣根を超えた企画にファンからは歓喜の悲鳴が。

ヘアメイク部では楽屋を再現。鏡前に置かれている小物は全て、普段稽古場に置かれている実物。キャストによるキャラクターメイクの実践もあり、大勢のギャラリーが見守る中でメイクをし、キャラに変身していくキャストの化粧過程をファンはジッと見詰め、完成した姿に拍手。

MC役のキャストと組んで、それぞれのキャラクターメイクのコツやマメ知識、楽屋では誰の机が奇麗か乱雑かなど、メンバーのみが知るエピソードなどが聞けることも。

また、ドリームエリアでは舞台で実際にされた黄金(ゴールデン)ペアのコンテナ、ハーリー&キャスト手作りシーサー、青学(せいがく)テニス部部室、ベンチが設置された。

ベンチは実際に座って記念撮影も可能。時間ごとにキャストの登場もあり、ベンチではキャストによる「ラリー中のベンチ講座」が開かれ、音を合図に視線のみで試合中のボールを追うというもの。観客も挑戦する中、時にはボール位置の順番を間違えてキャスト同士が見つめ合う一面もあるなど、その難しさを改めて実感。

ラケット展示のコーナーでは、これまでの公演中に破損した歴代キャストのラケットが。それぞれに使用キャラクター・壊した時期・壊れた時の詳細な状況が記載されている。公演では見られない努力の結晶に写真を撮るお客さんも真剣そのもの。

他にも衣裳展示やテニラビ部、学校カラーのオリジナルはちまきが作れる手芸部や、キャラクターの身長と同じ位置にあるキャストの手形、テニミュモバイルや公式Twitterでよく見る稽古場やエレベーター前のフォトパネルが設置され、テニミュをよく知るファンはより楽しめる作りとなっていた。

12月20日(木)からは、新しい公演「ミュージカル『テニスの王子様』3rdシーズン 青学(せいがく)vs四天宝寺」が東京・青年館ホールにて行われる。15周年を迎え、いまなお新しい試みに挑み続けるテニミュから今後も目が離せない。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171799/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ