西野カナ、自画自賛?「我ながら…」思い出のクリスマス明かす

モデルプレス

2018/12/6 19:52

【西野カナ/モデルプレス=12月6日】歌手の西野カナが6日、東京・丸の内のKITTEで行われたイベントに出席した。

◆西野カナ、クリスマスの思い出は?



印象に残っているクリスマスの思い出を聞かれた西野は、昨年のクリスマスを挙げ「友だちとホームパーティーを(西野の)家でやったんですけど、私がご飯を作りました。カリフォルニアロールとフライドチキンみたいなものを作ったんですけど、あまり人に料理を食べてもらう機会がなかったので、朝から一生懸命用意して、友だちに集まってもらいました」と回顧。

「プレゼント交換会とかもやったんですけど、それがすごく楽しくて、今年もやろうって企画をしています」と目を輝かせ、普段から料理はするのか追求されると「普段は全然しないので、その日だけ頑張ってやりました。我ながら美味しかったです」と自画自賛した。

◆西野カナ、雪の結晶ピアスに「可愛い」の歓声



同イベント期間中、屋内日本最大級の高さ約14.5メートルを誇るクリスマスツリーが登場。夜には、音楽と照明によるライトアッププログラムが実施され、今年は西野の楽曲『Bedtime Story』にホワイトツリーの幻想的なライトアッププログラムを組み合わせた「Bedtime Story Ver.」も新たに加わる。

詰め掛けたファンの大歓声に迎えられた西野は、後ろにそびえるクリスマスツリーを見ると「迫力がすごいですね。すごく綺麗です」と目を輝かせ、「こういうのを見るだけでもなんか涼しく感じませんか?」とニッコリ。天井に飾られた雪の結晶のオブジェが目に入ると「実はピアスも合わせてきたんです」と打ち明け、会場から「可愛い!」と声が飛んだ。

また、「第60回輝く!日本レコード大賞」の対象候補である優秀作品賞に選出された『Bedtime Story』は、どういう思いで作ったのか質問されると「この楽曲は映画『3D彼女 リアルガール』の主題歌として制作に取り掛からせていただいたんですけど、その映画を観てお互いを不器用ながらも一生懸命、まっすぐに思い合う姿、そういう一生懸命な恋って本当に素敵だなと思って心を打たれて、2人の姿をどっちかだけの視点じゃなくて、両方から描けたらいいなと思って、自分をストーリーテラーのような感覚で、『むかしむかし』って2人の恋の物語を描いていきました」と紹介。

イベントでは、そんな楽曲を生披露し、詰め掛けたファンや観客を魅了した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ