「川柳少女」19年春TVアニメ化決定 五七五の筆談で会話する主人公に花澤香菜

アニメハック

2018/12/6 19:00

 五十嵐正邦氏が「週刊少年マガジン」(講談社刊)で連載中の4コマ漫画「川柳少女」のテレビアニメ化が決定した。2019年春に放送を開始する。主人公の雪白七々子役は、17年に公開されたセリフ付きプロモーションビデオにも起用された花澤香菜の続投が決定。短冊を持つ七々子を描いたキービジュアルも公開されている。

同作は、口下手で、常に五七五の川柳の筆談で会話する高校1年生の七々子と、誰もが恐れる元不良だが、実は心優しく川柳に夢中な毒島エイジが、ともに柄井高校文芸部の部員として過ごす日常を描く。原作コミックスは最新第6巻が発売されており、Web漫画サイト「マガポケ」では第1~2話を無料公開中。

七々子役に選ばれた花澤は「CMなどに引き続き、アニメでも七々子ちゃんを演じられるのがとてもうれしいです! きっと川柳のほかに、声にならない声をたくさん出すことになると思うので、原作を読んで想像しながらアフレコを楽しみに待っています」と出演を喜び、「では最後に、『イベントでたぶん川柳よまされる』ああ……気の利いた川柳よめるようになりたい。川柳少女ファンのみなさまにも、初めて触れる方にも、クスッと笑えてときめいて癒されるこの素敵な作品を楽しんでいただけますように!!」と一句よんでいる。また、原作者の五十嵐氏も「漫画では声が出てるのか出てないのか作者もよくわかってない七々子に、どうやって声が付いてしゃべるのか今から楽しみです!!」と期待を寄せた。

監督・シリーズ構成を「異世界食堂」の神保昌登、キャラクターデザインを「異世界食堂」に作画監督として参加した橋本真希、アニメーション制作を「ストライク・ザ・ブラッド」のCONNECTが担当する。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ