中村倫也、Yahoo検索大賞受賞に驚き 朝ドラの反響は「凄まじかった…」

しらべぇ

2018/12/6 17:30




5日、この1年間で多くの人に支持され、検索数が急上昇した人物や製品に賞を授与するアワード『Yahoo検索大賞』が開催され、受賞者・今田美桜、小林由美子、中村倫也、矢部太郎、ひょつこりはんが登場した。

■ゲストにベテランMC


今年の顔であった面々が登場するということで特別ゲストMCとして登場したのは今田耕司。



登場するやいなや「いろんな知らなかった検索ワードなんかがたくさん覚えれますからね、勉強になります」としっかりとアピールをキメ、にやりと笑う。

■検索は『ガリガリ』説


コミックエッセイ『大家さんと僕』が話題となり「作家部門賞」を受賞したカラテカ・矢部。



率直な受賞の感想を尋ねると「ああ…すみません、本当に光栄です、まさか僕が作家として受賞させていただけるなんて…」と低姿勢に感謝を表す。

自分が検索されているということに対し「作家としてじゃなく検索してる方も多いと思うんです、なんか『ガリガリ』とか…」と自虐気味なトークで笑いを取る。

対して、 アニメ『クレヨンしんちゃん』の野原しんのすけの声を7月から担当している声優・小林由美子は「声優部門賞」を受賞に、喜びの表情を浮かべる。

イベントで披露した生アテレコについて尋ねられると、「同じ場所で声をあてるっていうのは初めての経験だったので、すごく顔を隠したい…ってなってしまいました」と赤面するシーンも。



■おじいちゃんにも認知が浸透


ドラマ「ホリデイラブ」「崖っぷちホテル」などに出演するなど、今年多くの露出を見せた俳優・中村倫也はもちろん「俳優部門賞」での受賞となる。



今年の活動について「色んな作品をやらせていただきました」と充実感を得ているものの「(検索されている)実感はないんですよ」と話す。

「仕事のスケジュールや本数だったりは、この2、3年変わってないんですよ」と意外な事実を明かし取材陣も驚きの声が漏れた。

朝ドラの影響があったのでは? と質問が飛ぶと「(反響は)凄まじかったですね、道歩いてたら70、80歳くらいのおじいちゃんが『朝出てるね』って(笑)」と反響の凄さを物語るエピソードもちらり。

■ひょっこりと登場


イベントに、得意のひょっこり登場で会場の笑いを取ったお笑い芸人・ひょっこりはん。受賞は「お笑い芸人部門賞」だ。



「自分の顔が変だなと言うのを受け入れてから全てが始まったので、今初めて両親に感謝したいと思います」と感謝の意を述べる。

取材陣から「芸に似合う顔だよ」と褒め言葉が飛び交うと、ひょっこりはんというキャラは「自分の顔発信です、この顔に合う名前は何にしようって」と誕生秘話も明かした。

一方、ドラマ「花のち晴れ」出演など、多方面での活躍が目覚ましい女優・今田美桜も「女優部門賞」を受賞。今年の活動について聞かれ「本当に色んな経験をさせていただけて幸せでした」と各活動を振り返りつつ語った。



・合わせて読みたい→トランプ大統領への「忖度」語ったピコ太郎「オワコンと言われても…」

(文/しらべぇ編集部・ステさん 撮影/KEN)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ