ドラマ「ちょうどいいブスのススメ」で夏菜が主役を演じる本当のワケ

アサ芸プラス

2018/12/6 17:58


 1月10日にスタートするドラマ「ちょうどいいブスのススメ」(日本テレビ系)にて、女優の夏菜が主役を演じることが発表され、世の中をざわつかせている。お笑いコンビ・相席スタートの山崎ケイが著した同名エッセイを原作とする本作で、夏菜の役どころは「自己表現へたくそブス」。片思いの男性にアプローチできない夏菜が、山崎の演じる神様に教えを請い、「ちょうどいいブス=素敵な女性」を目指すという。

この配役が発表されると、「夏菜がブスなら世の中全員ブスということか」と制作陣への大ブーイングが発生。さらに夏菜が「今まで演じたことのないタイプの役」とのコメントを発したことで、「そりゃあなたにはブスの気持ちはわからないでしょうね」と、夏菜批判まで巻き起こっている状況だ。そんな悪評ぷんぷんの配役について、テレビ誌のライターが裏読みする。

「テレビ局の都合を考えれば、本作では美人を主役に据えるのが最も安全でしょう。たとえば制作側が『コイツならブス扱いでいいだろう』と顔で選んでしまうと、ハラスメントとの批判を免れません。中には『私はブス』をアピールする女性芸能人もいますが、そういった“ビジネスブス”では、自分をブスだと思って悩んでいる女性からの共感は得られないもの。そして何より『ブスをウリにするドラマ』だと、コンプライアンスの厳しいご時世ではスポンサーがつきづらい。それゆえ主役には、無理を承知で夏菜のような美人を充てるしかないのです」

ただ、女優が美人なのは当たり前。その中であえて夏菜を起用したのには、何かしらの理由がありそうだ。その点についてテレビ誌のライターが続ける。

「夏菜は確かに美人ですが、化粧品のCMに起用されるほどの美人とは言い難い。そしてFカップバストのおかげで男性人気は高いものの、女性受けはさほど期待できないタイプです。それゆえドラマのターゲットである女性視聴者から見れば『夏菜がブス…ま、いいんじゃない?』となるのでしょう。また最近の彼女はバラエティ番組での活躍が目立っており、それも『女優だけどブス扱い』を視聴者が受け入れられやすい理由になっていそうです」

はたして夏菜がどれくらいブス役にハマるのか。そんな点も見どころになりそうだ。

(金田麻有)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ