「ウチのガヤ」Mr.シャチホコにインタビュー「和田アキ子さん風に食レポをしたい」

ザテレビジョン

2018/12/6 14:49

「ウチのガヤがすみません!」(毎週火曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)で、奇想天外な爆笑ネタやアイデアでゲストをもてなしている“ガヤ芸人”。その中で和田アキ子の物まねが話題のMr.シャチホコにインタビュー。収録の感想や番組の魅力について語ってもらった。

――番組収録はいかがですか?

あれだけ芸人がたくさんいる中でもゲームという形で持ち味がたくさん出ているので、初めて見てくださる方でもその芸人の特色が分かりやすいと思います。

――“ガヤ芸人”とMC2人の仲の良さや雰囲気の良さをとても感じます。

そのコミュニケーションが、番組の魅力なんじゃないかと思います。番組の楽しさの大きな要因であり、柱だと感じます。

――MC2人についての印象はいかがですか?

ヒロミさんは兄貴肌で、芸人一人一人を、本当によく見てくださっています。あんなに大勢いるのに、自分を認識してくれているというのが伝わるんですよ。

“お前がそこにいるのは分かっているよ”というのを感じるんです。なので、その日当てていなかったり、久々に登場するとすぐに気付いて、さりげなく話を振ってくださったり、気にかけてくださいます。それがすごくうれしいです。

――後藤輝基さんについてはいかがでしょうか?

和田アキ子さんの物まねをしているから歌に例えるわけではないのですが(笑)、芸人さんのボケを、上手、下手の歌声で例えたとすると、たとえ音痴に歌っても、あたかもその歌が成立するように即興でそのメロディーをひいてくださるんです。後藤さんは、そんなツッコミをしてくださる方だと思うんですよ。

――安心感があるということでしょうか?

後藤さんがツッコんでくださるということで、安心感はありますね。格好つけているわけでもなく、状況によってパッと話を振られて言ったことが「まずい、すべっちゃったかな」って思う時があるんですが、そういうときも、あたかも用意していたかのようなツッコミをしてくださるんです。

――物まねですと、そういった緊張感もひとしおなのでしょうか?

急に話を振られても、似せたり、そこで決めなきゃいけないっていうプレッシャーがあるのですが、安心して「ボケたい」と思えるんです。ボケになっていないことでもボケになるので、そのツッコミが“ガヤ芸人”たちの柱だと感じています。

――今後、番組内で挑戦したいこと、やってみたいことはありますか?

まだ番組でやったことがないので、ロケに行きたいですね。どこかに行って、和田アキ子さん風に食レポをしたいです。和田アキ子さんが散歩してご飯を食べて、「これ、おかしない?」とか、わちゃわちゃと文句を言いながら旅がしたいです(笑)。マーボー春雨以外も食べます(笑)。

――それでは最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

毎週、ゲストの方をゲームなどでおもてなししているのですが、いつも芸人が本気なんです。毎週出演している芸人も、そうじゃない芸人も、その瞬間に全力を注いでいるので、その瞬間にしか見られない“ガヤ芸人”の本気を見てほしいですね。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171655/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ