吉岡里帆、音楽番組で歌声初披露 堂々熱唱に「心が震えた」「ロックでかっこいい」と反響

モデルプレス

2018/12/6 12:44

吉岡里帆・2018FNS歌謡祭/モデルプレス=12月6日】5日、フジテレビ系「FNS歌謡祭」の「第1夜」(19時~)が生放送された。映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』でヒロインを務めた女優の吉岡里帆が主演の阿部サダヲとともに出演し、音楽番組で初歌唱した。

◆吉岡里帆、阿部サダヲと圧巻の歌声を披露



役作りでギターに初挑戦した吉岡は、「映画のリハーサルに入る半年前から稽古をしていた。練習している途中で監督に見せたんですけど『これじゃ、映画に出せない』って言われて、ものすごく背筋が伸びました」と多忙のなか、空き時間はずっとギターを持って練習を重ねたという。

新世代アイコンと称されるシンガーソングライターのあいみょんが、映画のために書き下ろした楽曲『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン&ふうか)を披露。2人は音楽番組で楽曲を披露するのは今回が初となったが、堂々とした歌声を響かせた。

放送後、ネット上では「心が震えた…吉岡里帆ちゃんの歌声に衝撃を受けた」「全身で歌っている姿がロックでかっこよすぎる」「ギターも始めたばかりとは思えないくらい上手でびっくり」と驚きの声が続々。「パフォーマンス見て涙出た…本当に音楽番組初披露?すごすぎる」「阿部さん女性のキーで歌ってるもすごい」「2人のハモリがすごく綺麗でずっと聴いていたくなる」「すごく楽しそうに歌ってて一気に世界観に引き込まれた」と反響が寄せられている。

◆吉岡里帆、初歌唱終え新たな決意



吉岡は6日付のInstagramで「FNS歌謡祭見て頂きありがとうございました。初めてで緊張しました…」といい、ファンからの反響や、『体の芯からまだ燃えているんだ』の作詞・作曲を手がけたあいみょんに感謝。

吉岡は、以前からあいみょんのファンであることを公言しているが、「歌っている最中、歌詞が自分の気持ちとリンクして不思議な気持ちになりました。あいみょん凄い」と改めて称賛した。

そして「新しい事を始めたり、誰かに発信する事は怖いことです。でも何事も、信じて貰えるまで…時間をかけて伝えるしかできません。日々少しずつ、練習怠らず、燃え続けて」とし、「また来年も新しい事に挑戦して、皆さまに楽しんで貰えるヒントを探そうと思います!」と思いをつづっている。

◆映画「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」



同作は、4オクターブの音域とすべての人を虜にする声量を持つ一方、“声帯ドーピング”というオキテ破りな秘密を抱えるロックスター・シン(阿部)と、シンとは対照的に異様に声が小さく何事にも逃げ腰なストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)の正反対の2人を中心に展開するハイテンション・ロック・コメディ。

阿部と吉岡のほか、千葉雄大、麻生久美子、小峠英二(バイきんぐ)らが出演している。

◆「FNS歌謡祭」



毎年日本を代表する豪華アーティストたちが一堂に集結、この番組でしか見ることのできない夢のコラボレーションや、時代を飾った名曲、最新ヒット曲などを紹介する音楽の祭典。第1夜はグランドプリンスホテル新高輪「飛天」から放送された。

「第2夜」は12日に同じ時間で、台場フジテレビからライブ感満載のエネルギッシュな生放送となる。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ