高橋メアリージュン、1人2役に挑戦 三浦春馬を誘惑&翻弄

クランクイン!

2018/12/6 07:00

 女優でモデルの高橋メアリージュンが、三浦春馬主演のドラマ『連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」』(WOWOWプライム/2019年3月16日より毎週土曜22時)に出演し、1人2役に挑戦することが分かった。三浦演じる主人公を大胆に誘惑し翻弄する役どころを担った高橋は「私も一ファンである東野圭吾さんの原作を演じさせて頂くことは一つの夢だったので、本当に嬉しく毎回宝物のように演じさせて頂きました」と喜びのコメントを寄せている。

【写真】「高橋メアリージュン」フォトギャラリー

本作は、保身と罪の意識の狭間に揺れる人々の心の弱さを無慈悲に暴き出し、発行部数100万部を超えた作家・東野圭吾の小説『ダイイング・アイ』を映像化。1件の交通事故と、とっさのゆがんだ判断が悪夢の連鎖を引き起こしていく様を描く。高橋は、三浦演じる主人公・雨村慎介が起こした交通事故で命を絶たれた女性「美菜絵」と、その1年半後に突然現れ、一部の記憶を失っていた慎介を狂気と苦悩の世界に導く謎の女「瑠璃子」の2役を演じる。

西麻布のバー・茗荷のバーテンダー、雨村慎介(三浦)は、ある夜見知らぬ男に襲われ自分の記憶の一部を失う。やがて、自分が1年半前に交通事故を起こし、岸中美菜絵という女性を死なせてしまったこと、そして自分を襲ってきた後に自殺した男は、美菜絵の夫・玲二だったことを知る。事故の真相に疑問を持ち始めていた慎介が店に復帰した雨の夜、人間離れした美しさと強い視線を持つ喪服の女性・瑠璃子が現れ、慎介は深淵な迷宮に迷い込む…。

高橋は「1人2役なので別人なのですが、ただの1人2役とは少し違うと思っていて、あるものだけを共通させて演じさせて頂きました」と撮影を振り返る。続けて「瑠璃子に関しては特に声のトーンや人間離れした動きを意識しました。役によって着ける香水や下着を使い分けていました」と語り、さらに「あと美菜絵の時は前日は普通に夜ご飯を食べていましたが、瑠璃子はあまり生命力を感じさせたくなかったので、撮影の前日は1日食べないようにしていました」と役作りのため絶食する日もあったことを明かした。

『連続ドラマW 東野圭吾「ダイイング・アイ」』は、WOWOWプライムにて2019年3月16日より毎週土曜22時放送(全6話・第1話無料放送)。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ