簡単なのにおいしくほっこり♪ 旬のカリフラワーを使った本格スープ5選

レタスクラブ

2018/12/6 06:30

クセのない味わいの中に、ほのかな甘みと苦みが詰まっているカリフラワー。ブロッコリーとよく似ていますが、何となくアレンジが難しい印象もありますよね。そこで今回は、カリフラワーがメインの本格スープ5選をご紹介。11~3月にかけて旬を迎えるカリフラワーを存分に味わってみてはいかが?

■ カリフラワーのミルクスープ

【材料・2人分】

牛乳 1/2カップ、カリフラワー 1/3個強(約100g)、削りがつお 小1袋(3g)、みそ

【作り方】

1. カリフラワーは小房に分け、細かく切る。削りがつおは茶こしに入れて湯3/4カップを注ぎ、だし汁をとる。

2. 鍋に1のカリフラワー、だし汁を入れて火にかけ、約5分煮る。カリフラワーがやわらかくなったら牛乳を加える。再び煮立ったらみそ小さじ2を溶き入れる。

(1人分62Kcal、塩分0.9g)

なめらかな牛乳と、削りがつおのうまみが感じられる1品。だしの代わりに削りがつおを使用していることで、味に奥行きをプラスしました。箸でほろっとくずれるほど柔らかく煮こんだカリフラワーは、新感覚の歯ざわりかも。

■ カリフラワーのクリームスープ

カリフラワーの食感がダイレクトに味わえます。一度に4人分作れるので、パーティーなどでふるまっても◎

■ カリフラワーのポタージュ

豆乳を加えた真っ白な見た目がインパクト大。大さじ2杯分のワインがかくし味です。

■ カリフラワーのスープ

まろやかなバターとカリフラワーの相性がバツグン。洋風スープの素を使えば5分で仕上がりますよ。

■ 豚肉とカリフラワーのカレー豆乳スープ

カレーのコクを残したピリっと辛い味つけ。豆乳を沸騰直前まで温めてから、塩とこしょうで味を整えましょう。

カリフラワーが白いのは、つぼみを葉で包んで光に当てずに栽培しているから。一般的な色は白ですが、黄色やオレンジ、紫色をしたカリフラワーも出回っていますよ。(レタスクラブニュース)

https://www.lettuceclub.net/news/article/171439/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ