コスパが良くて通いやすい!『地域スポーツクラブ』の魅力とは?

地域スポーツクラブ
子供に運動の習い事をさせたいと思ったとき、学校のクラブや民間のスポーツクラブを検討される方も多いと思います。

でも、もしコスト重視で選ぶなら『地域スポーツクラブ(総合型地域スポーツクラブ)』という選択肢もおすすめ。単一種目だけでなく複数種目を楽しめることでも人気を集めています。

今回は地域スポーツクラブの特徴や魅力を紹介していきたいと思います。

地域スポーツクラブとは


『地域スポーツクラブ(総合型地域スポーツクラブ)』とは、地域住民によって自主的に運営されているスポーツクラブのこと。子供たちの運動不足や運動能力の低下、さらには地域コミュニティの希薄化といった問題を解決するためのひとつの方法として運営されています。

よくあるスポーツクラブは単一種目で少人数の人や固定メンバーで活動するケースが多いですが、地域スポーツクラブでは幼児から高齢者まで、さまざまな世代・レベルの人が集まって活動するのが特徴。さまざまある種目の中から、自分のやりたいスポーツを選択して楽しめるのも魅力です。

メリットづくし!?地域スポーツクラブの魅力


それでは具体的に、民間のスポーツクラブと地域スポーツクラブとの違いを比べてみましょう。
1.低コスト
地域スポーツクラブの最大のメリットはお金があまりかからないことです。

民間のスポーツクラブでは入会金や会費など含め年間で10万円以上の出費になるのに対し、地域スポーツクラブでは入会金を入れても年間でかかる費用は数万円程度と格安です。
2.地域で活動するので通いやすい
地域スポーツクラブはその地域の公共施設や学校などで活動が行われています。そのため子供でも通いやすく、長く続けることができます。
3.地域の人たちと仲良くなれる
地域スポーツクラブは幼児から高齢者まで、年齢問わずさまざまな人が参加できます。スポーツ好きな多世代の人と出会うことで、スポーツを通じて地域の人たちとの交流を深めることができます。
4.いろいろなスポーツを楽しめる
水泳教室やサッカー教室など、ひとつの競技に特化したクラブだとその競技だけしか習うことができませんが、地域スポーツクラブは地域住民の多様なスポーツニーズに応えるべくさまざまな種目のスポーツがそろっているのが特徴。

クラブによっては、「何曜日はこのスポーツ」や「冬はスケート」など、曜日や季節ごとに取り組むスポーツを変えて楽しむこともできます。

地域スポーツクラブのデメリット


低コストでさまざまな人と好きなスポーツを楽しめるなど、メリットも多い地域スポーツクラブですが、その反面デメリットもあります。
1.コーチがプロではない
地域スポーツクラブの指導者の多くはボランティアで活動しており、力量はチームによって偏りがあります。
2.保護者の負担が大きい
指導者もボランティアですから、保護者もボランティアで運営を手伝うことが求められることがあります。団体によってその仕事や責任の重さは異なりますが、例えば施設の鍵開けや試合への引率、お弁当の準備が当番となっているなど、親の負担も大きいようです。

コスト面や地域の人々との交流など、さまざまなメリットが魅力の地域スポーツクラブ。親にとっては負担となる部分もあるものの、子供のスポーツ活動に密接に関われると考えれば、それもまた魅力のひとつともいえそうです。

興味がある方は、ぜひお近くの地域スポーツクラブを調べてみてくださいね。

PHOTO/tynyuk/Shutterstock参照/スポーツ庁「総合型地域スポーツクラブ」東京都広域スポーツセンター「地域スポーツクラブって何?」子供の体力向上ホームページ「総合型地域スポーツクラブって、どんなスポーツクラブだろう?」WomanExcite「親はツライよ…PTAだけじゃない“ボランティア”が支える小学生「地域スポーツの世界」」SPORTS SQUARES「子どもと地域スポーツの関わり(2)」

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ