「まだ細胞だから、大丈夫」――中居正広、恋人に中絶を強いた“非情”で“冷酷”なウラの顔


「経済的に、僕が余裕があるとするじゃないですか。でもやっぱりつまんないとダメだって。だから出てっちゃった。どっか行っちゃったよね」

SMAP中居正広が、11月26日放送の『中居くん決めて!』(TBS系)に出演し、珍しく過去の交際女性とのエピソードを語った。

なんでも中居は付き合っていても、デートもしないし、まともにしゃべりもせず、イチャイチャすることもほとんどないそうで、別れた彼女としばらくしてから会い、「やっぱりあなたってつまんないのよ」と言われたことがあるのだという。

明るく楽しく、気配りもできる名司会ぶりが高い評価を受ける中居だが、今回、本人が明かしたように、プライベートの顔はまったく別のようだ。

18年前、すっぱ抜かれた”ウラの顔”


 2000年には、やはりテレビで見せない、あまりにも非情で冷酷、優しさのかけらもない中居の裏の顔が、タブーなき雑誌「噂の眞相」(噂の真相)によってすっぱ抜かれている。

飲み屋で知りあったある女性と、担当マネジャーも公認の関係を続けていたという中居。2週間に一度程度の割合で新宿の高級ホテルを利用し、肉体関係を続けていたのだが、一方でテレビ朝日の下平さやかアナウンサーとの交際がはじまったことから、その女性との関係を一度は清算。しかし、下平アナと別れるやまた女性に連絡をとるようになり、一人暮らしをはじめた女性の部屋へ通っては関係を持ち続け、ついに女性を妊娠させてしまったのだという。

「女性が妊娠したことがわかると中居は、『お互いのことを思いやろう』とか『第一にキミのことを考える』などと誠意があるような態度を示しながら、なんとか中絶させようと、『大丈夫だよ。まだただの細胞だし、手術だって簡単で大したことはない。オレの友達も何人も堕ろしているけど、その日のうちに仕事もできちゃうくらいだし』と、軽い調子で話したといいます」(芸能リポーター)

さらに、女性が妊娠の事実を自身の両親に報告し、弁護士をたてて対応にあたることにしたと聞いた中居は、「遊び相手だったことを(両親に)話す」「産んでも認知しないし養育費も払わない。生まれた子供に一生会うつもりもない」と脅しをかけるようなことまで口にしたという。

「その後、SMAPのチーフマネジャーであった飯島三智氏が女性との間に入り、『あなたのエゴで遊び相手の子を産んでも、幸せにはなれない。お互いに幸せになってほしい』と説得に当たったようですね。女性は1人で堕ろすことを決め、父親である中居に人工中絶同意書にサインしてもらうべく、渋谷の宮下公園で会うこととなったようですが、それでも謝罪のひとつもなかったといいます」(前同・リポーター)

そして中居は30万円を女性に渡したというが、女性はこれを受け取らなかったそうだ。

「さまざまな話し合いの中で、『ま、どっちかっていうと、そんなにおっきな問題になんない方がオレとしては助かるわけじゃんか』といった発言もあったようで、とにかく誠実さのかけらもなかった。当時、中絶手術後に女性が中居にかけた電話の音声が公開されましたが、『1人の女性を傷つけたわけだし、オレも傷ついているよ』などと言い訳を繰り返すばかりでした」(前同)

ちなみに、こんな超ド級のスキャンダルにもかかわらず、テレビはオールスルー。メジャー誌、新聞といった紙媒体も、「東京スポーツ」が後追いした以外では扱われることはなかったとか。

(渡邊孝浩)

関連記事


昼は食事を与えられ、夜は精を吸われる――ジャニーさんとの“蜜月”と“恥辱”の日々

“ジャニーズ”であるための「恐怖の儀式」――恥辱に耐えた“僕”すら拒絶したホルモン注射

「行為」をしなければJr.で終わる――ジャニー氏の「悪魔の囁き」を退けた“私”が思うこと

当記事はサイゾーウーマンの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ