【焦りは禁物!】結婚願望が強すぎて「男子が引いちゃう」女子の行動とは?




アラサーになり周りが少しずつ結婚をしはじめると、「私もそろそろ結婚しなきゃ」と焦ってしまう女子もいるでしょう。
ですが、結婚願望がにじみ出てしまうと、男子も引いてしまう恐れが……。そこで今回は、男子が引いちゃう「結婚願望が強すぎな女子がしがちなこと」について紹介します。

結婚願望が強すぎな女子がしがちなこと

出会って(付き合って)早々、結婚願望の有無を聞いてくる



出会って早々、または付き合って早々、女子に「結婚願望ある? ない?」なんて聞かれたら、大抵の男子はびっくりするでしょう。もちろん、出会った場所が結婚相談所や本気度の高いマッチングアプリなら、早い段階で確認してもおかしくはないでしょうが、普通の飲み会などで知り合っただけなのに、早々に結婚願望の確認は重すぎます……。
「そのうち結婚を……」と考えている男子だって、問い詰められるように聞かれたら「この子と付き合ったら責任取らなきゃいけなくなりそう」とプレッシャーを感じ、逃げ出したくなったりするので、この手の質問はタイミングに気をつけたほうがいいかもしれません。
まぁ「結婚願望がない人とは付き合いたくない!」という強い気持ちがあるのなら、早い段階で聞いてもいいと思いますが……。

親や友達に会わせてほしいと強く要求してくる



付き合ってまだそんなに月日はたっていないし、将来の話もしてない段階で外堀を埋めるかのごとく、「親や友達に会わせて!」と頼むのは重いかもしれません。
男子も結婚する意志があるのなら友達に会わせたり、親に紹介したりするでしょう。でもまだ気持ちが固まってないときに、追い込むように「会わせて!」と要求するのはちょっと危険です。
「結婚」という言葉を出さなくても、友達や親に会わせてほしいと強く要求されたら、彼だって相手の結婚願望が強いことに気づきます。彼の気持ちを確認せずに一人で急いでしまうと、せっかくの結婚の可能性も薄れてしまうことがあるので、気をつけたほうがいいです。

どんな話にも「家庭的な私」を入れ込んでくる



どんな会話の中にもちょいちょい「家庭的な私」を入れて自分の価値をアピールすると、聞いているほうも「結婚したくて必死なのかな……?」と、引いてしまうかもしれません。
例えば、居酒屋などで食事しているときに「このから揚げ美味しいね」と言っているデート相手に、「私も家でから揚げ作るよ。前日からタレにつけてるから美味しいの」と遠回しで料理が得意なアピールをしたり、聞かれてもないのに掃除が好きなことをやたら語ったり、子どもが好きで将来は二人くらいほしいと言ったり……。
そんなふうになにかと会話に「家庭的な私」を入れるのは、「結婚したい」気持ちが透けて見えてしまい、重いかもしれません。もちろん自分をアピールすることって大事なのですが、アピールの仕方と加減というのも大事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ