【九星フラワー占い】八白土星の12月は「人の視線を集めながら」

OTONA SALONE

2018/12/6 00:01



この12月はどの星にとっても、今後5年間の運気の流れの始まりとなります。

5年後には何かを形にしたいと思うなら、今月中にスタートさせるのがおすすめです。

どのようなことを始めるべきか、あるいは、どのように始まっていくのか、星ごとに考えていきます。

※八白土星の生まれ年は1965年、1974年、1983年、1992年です。

ただし、1月1日~2月4日、4日生まれの場合は前の年の生れになります。

もうすぐ世界の中心に立つことに!


2019年は、世界の中心の座にすわることになる八白土星。

この12月と1月はその予行練習のような星まわりになっていて、個人的にも興味深いなと思っています。

世界の中心にすわるということは、周囲をほかの8つの星に囲まれるということになります。

そうなれば身動きが取れなくなりますから、周囲の星の人たちに動いてもらうしかなく、当然、人間関係はとても重要になります。

つまり、この2カ月の間に人との関係を気持ちのいいものにしておきたいのです。

人からの注目が集まる


今月は予定していたことが進まず、イライラすることが多そうです。しかも、良くも悪くも人からの注目が集まりやすく、機嫌が悪ければ、印象・評価にすぐに影響してしまいます。

「悪いのは自分じゃないのに」と思うかもしれませんが、なぜか人の目は、原因には向かず、あなたの声や言葉、態度に向いてしまうのです。

うまくいかないことほどじつは重要なキーファクト


逆に優しく穏やかに感じよく、しかも人に役立つ言葉を発したり、行動をすると、それはいつも以上の評価になります。

とくに知的な発言や、きちんとメイクをして女性らしく振る舞うことは、人の心に深く残るので、意識してみてください。

予定していることが進まなかったり、努力していることが認められなかったりしても、あきらめないことも大切です。

もしかしたら、八白金星がこの5年間で育てていくことは、この時期、うまく行かずに諦めかけたことかもしれません。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運は、勝手に近づいてきて、あなたの気をひいておいて、「ごめん、思い描いていたのとちがう」と勝手に終わらせて去っていく男性があらわれるかもしれません。

ムカついたらそのまま放っておいてOKですが、またどこかで接する機会があるかもしれないので、なじったりしないでおきましょう。

金運は、つい出費がハデになりそうな時期ですが、おしゃれや人へのプレゼントに使うなら、有益な出費となるでしょう。

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーは、レッドとグリーン、まさにクリスマスカラーです。ファッションネイルに取り入れてもいいですし、ツリーやオーナメントを飾って、目からラッキーパワーを吸収するのもいいでしょう。

ラッキーパーソンは、美人! 女性らしいしぐさやメイク法を観察して盗みましょう。人の視線が恐くなくなり、人気運がアップします。

ラッキーフードは、トマトパスタ。イライラが治まってくるでしょうし、遠い世界に住む人と急に結びつきが生まれたりしそうです。

ユリの花が象徴する八白土星の魅力とは


上から目線で鋭い発言が多いかと思えば、甘え上手、独特の存在感を持つ八白土星。長身の美人が多い星でもあります。「威厳」「純粋」という花言葉を持ち、背が高く凛とした姿のユリは、八白土星によく似合っています。八白は「家」をあらわす星。目上からかわいがられ、子供や後輩の面倒をよくみる八白は、組織や家族を1つにまとめる要となる存在です。複数の花をつけ、いくつものりん片が1つにかたまってできている球根、そんなユリの要素も八白的と言えます。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/?p=91595&preview=true )

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ