【九星フラワー占い】七赤金星の12月は「恋愛ご無沙汰に終止符⁈」

OTONA SALONE

2018/12/6 00:02



この12月はどの星にとっても、今後5年間の運気の流れの始まりとなります。

5年後には何かを形にしたいと思うなら、今月中にスタートさせるのがおすすめです。

どのようなことを始めるべきか、あるいは、どのように始まっていくのか、星ごとに考えていきます。

※七赤金星の生まれ年は1957年、1966年、1975年、1984年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

うまく行っていたことほど、その弱みに気づく


これまで順調に積み上げてきたことが、少しずつうまくいかなくなり、少々やり方を変えなくてはいけない部分が出てきそうです。

うまく行っていたことほど、青天の霹靂とでもいいましょうか、「こんなところに、こんな弱点・落とし穴があったなんて、気が付かなかった!」ということが起きそうなのです。

七赤金星が始めるべき新しい何かのヒントもここに隠れているかもしれません。

自力で何とかしようとは思わないこと


物事がうまく進んでいると、そこに自信が生まれます。

自信は前進力にもなるありがたいものですが、ときに慢心を生み出すことも。

その慢心が、「うまく行かなくなってきているよ」という警報が鳴っているのに、耳にふたをしていないでしょうか。一度自分自身に聞いてみてください。

あるいは、「うまく行かないはずがない!」と、いきなり自力で大改革を行うということは避けてください。

先人の知恵に従うと、今後学ぶべきことが見えてくる


深刻にならず明るくポジティブであること。

信頼できる上司・師匠・先輩に相談してアドバイスにきちんと従う、あるいは過去にあった同じような事柄の資料を集めて、先人の知恵に従うといったことが、この時期はとくに重要です。

感覚勝負で取り組むと、方向修正が難しい複雑な状況に陥るのでご注意を。

正しい手順を守って取り組む中で気づいたこと、それを学び深めていくことが、これからの5年間の発展につながることでしょう。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運は、恋人や夫がいる人はふたりの関係性を見直すようなできごとが起きるかもしれません。

長くフリーの状態が続いている人は、それが止まる、つまり恋人候補が出現する可能性があります。ただし、やはり恋人がいなかった理由を考え、その点を改善するということが必要かもしれません。

金運ですが、この時期に家計の見直しをすると来年以降の貯蓄額を増やすいい方法が見つかりそうです。

今月のラッキーアクションはこれ!


ラッキーカラーは、ネイビーとアイボリーを合わせて、ちょっと学生服のようなコーディネイトが、初心に返るのに役立ち、運気を高めます。

ラッキーパーソンは、上から目線の男性。グサッと胸に刺さるアドバイスをしてきたら、素直に聞くこと。頭にきても冷静に考えると正しかったりするはずです

ラッキーフードは、タラモサラダ。とくに朝食に食べると、その日の判断力が高まります。

コスモスの花が象徴する七赤金星の魅力とは


七赤金星の女性は、少女のように可憐で楽しいことに目がない人が多いです。「乙女の真心」という花言葉を持つコスモスは、にぎやかに群生していますが、ひと花だけに注目すると可憐で、どこか頼りなげ。その姿は七赤の女性に似ているような気がします。「アラフォーなんだから、しっかりしなくちゃ」、こう思ったら七赤の魅力は半減。好奇心のままに楽しいことを探し、その楽しさを人にもおすそわけする、そんな七赤を人は好きになるのです。

※全体の運勢を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/?p=91595&preview=true )

(イラスト オオスギトモコ)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ