【九星フラワー占い】12月の一白水星は「忙しさの中で本物に出会う!」

OTONA SALONE

2018/12/6 00:08



この12月はどの星にとっても、今後5年間の運気の流れの始まりとなります。

5年後には何かを形にしたいと思うなら、今月中にスタートさせるのがおすすめです。

どのようなことを始めるべきか、あるいは、どのように始まっていくのか、星ごとに考えていきます。

※一白水星の生まれ年は1963年、1972年、1981年、1990年です。

ただし、1月1日~2月4日、5日生まれの場合は前の年の生れになります。

新しい環境に身をおくストレスに強い!


5年周期の運気の波の、始まりの月であるこの12月。世の中には少しフレッシュな空気が流れたり、逆に胸騒ぎを覚える人が多かったり、急に忙しくなる人がいるかもしれません。

始まりというと、私個人にとっていいイメージがあるのですが、ストレスに感じる人も少なくはないようです。

この何かを始めること、新しい環境に身をおくことは、一白水星の星に生れた人こそが、9つの星の中で最も得意なのかもしれません。決して一白水星の人が慣れない状況にストレスを感じていないわけではなく、「ああすべきか、こうすべきか」と必要以上に悩む人のほうが多いのです。

ただし悩みグセはいつものことで、一白水星は言ってしまえばもはや悩むことのプロ。

上手に悩み、次につなげることができるのかもしれません。

小さな小さな光の原石さえ見つける力がある


加えて、もともと一白水星という星は❝原初❞という意味があります。この言葉は、スタート以前、準備段階といいますか、ふとしたきっかけといいますか、地味で些細な、下手をすると気付かれなかったり、忘れられることもありそうなスケール感です。

そういう小さなスタートらしきものと、今月、一白水星生まれの人はいくつも出会います。

そしてこの中で本物の光を発しているものに、きっと一白水星さんは気が付くはずです。

運気が強い一白水星ほど忙しくなる


もし光を発していないと思っても、パッと切り捨てないでください。

それが、本物のスタートをいつかサポートし、より大きな流れを作る可能性があるからです。

こういった事情ですから、運の強い、本物が見えている一白水星ほど、今月は忙しくなりそうです。仕事に限らず、婚活や恋活といった方面も活発になります。

ストレスはあるけれど、同時にやりがいも感じることでしょう。

今こそ本領発揮。ストレスをうまく乗りこなし、小さな種を大きな果実へと育ててください。

今月の恋愛運と金運は?


恋愛運は好調です。厳密に言うと結婚運のほうが強力で、ライトなお付き合いというよりは、結婚前提のちょっと堅苦しいような背筋が伸びるような、そんな関係となる相手が見つかるかもしれません。

金運も、チャンスがやってきそうです。将来の収入源になるような何かと出会うかもしれません。

今月のラッキーアイテムはこれ!


ラッキーカラーはマスタードイエローとイエローゴールド。疲れた時、ファッションなどに取り入れると底力が湧きあがってきます。

ラッキーパーソンは、夫が主導権を握っている長年連れ添った夫婦。もちろん、両親がそうなら、両親もラッキーパーソンです。一緒に過ごす時間を持つと、結婚運がアップします。

ラッキーフードは、天むす。つまり天ぷらを具材にしたおにぎりです。食べて運気がアップするだけでなく、持ちよりパーティや差し入れなどにすると、人気運も高まります。

水仙の花が象徴する一白水星の魅力とは


「水仙」という漢名は、この花が水辺にいる仙人のようであったからと言われています。すっと背筋が伸びているのに、うつむきぎみ。何か物を思うような姿は、一白水星の女性の思慮深さや清潔な色気とシンクロしています。水仙は、冬に球根を埋め、冷たい空気にさらされないと春に花咲くことができません。一白の女性も冬のような苦しい状況を乗り越え、希望を抱き続ける、柔軟な生き方と芯の強さがあり、それが人を惹きつけます。花言葉は「自尊」「私のもとに帰って」。

★全体運を知りたい人はこちら( https://otonasalone.jp/?p=91595&preview=true )

(イラスト オオスキトモオコ)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ