ロマンチックすぎる! 学生時代のクリスマスの思い出【恋愛編】




学生の頃ってどんな些細なことでも、まるで一大ニュースのような感覚がありましたよね。
それがクリスマスとなれば、きっと一生忘れられない思い出となるでしょう。そこで【友人編】に引き続き今回は、学生時代のクリスマスの思い出【恋愛編】についてご紹介します。

学生時代のクリスマスの思い出

1. まさかの告白



・ 「友達以上恋人未満だった男子から、クリスマスに突然告白されました。このまま中途半端な関係が続くと思っていたからビックリ! 思わず泣いてしまいました」(20代/カフェ店員)

・ 「いままで全く関わりのなかった男子が、いきなりメールで告白をしてきた。本気なのかもよくわからなかったので、丁重にお断りをしました」(30代/製造)

▽ ずっと好きだった人からクリスマスに告白されたら、ビックリしすぎてウソかと思いますよね。それにクリスマスが記念日になるなんてロマンチックすぎます!
ただし興味がない人から告白されたときは、断るのに勇気がいりそうですが……。

2. ダブルデート

・ 「当時付き合っていた彼が初彼だった私は、デートさえも何をしたらいいのかわからなかった。そしたら友達カップルが、『じゃあ私たちとクリスマス過ごさない?』と言ってくれて。ダブルデートで遊園地へ行って、すごく楽しかった記憶があります」(20代/通信)

▽ 彼氏とふたりで過ごすクリスマスもいいですが、学生の頃ってまだデートに慣れていないもの。そのため緊張して彼とロクに会話もできない……という場合には、ダブルデートを利用していたようです。これなら友達がいる安心感で、自分の素も出しやすいですよね。
きっと彼も「彼女を喜ばせなきゃ!」と気負うことなく、デートを満喫できたのではないでしょうか。

3. 初キス



・ 「付き合ってはいるものの、進展がなかった彼がクリスマスにキスをしてくれました。あとから聞いた話だと彼は、『嫌われるのが怖くて、手をつなぐ以上ができなかった』らしくて。男子ってもしかしたら女子以上に不安なことが多いのかな、と思いました」(20代/アパレル)

▽ 大人になったいまだったら「3回目のデートで初キス」など、ある程度順序が出来上がっているもの。しかし学生の頃って、いつ手をつないでキスをしたらいいのか、男性陣もかなり悩んでいたようです。
そんなときに強い味方になってくれるのがクリスマス。「今日を逃したらキスをするチャンスがなくなっちゃう!」と思いながら、彼も初キスに挑んでくれていたようですよ。

4. 一緒に帰宅

・ 「部活があってデートはできなかったけれど、時間を合わせて一緒に帰りました。寒空の下、公園でココアを飲んだのが忘れられないですね」(20代/介護職)

▽ 一緒に帰宅できるだけで温かい気持ちになれます。たとえサプライズやプレゼントがなく、デートらしいデートはできなかったとしても、「今年は幸せなクリスマスだったな」と思えるでしょう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ