全力すぎるVRでナイアガラの滝を訪れたら、乳首がッ! #SIGGRAPHAsia

DSC05686
Photo: 金本太郎

ピンバッジめ。

コンピュータグラフィックスとインタラクティブ技術のカンファレンス&展示会、SIGGRAPH ASIA 2018に来ています! そしたら上の画像にある全力すぎるVRシステムがあったので、当然のようにトライ。こちらは首都東京大学のIkeiLabが開発した「Five Star VR」といいます。

で、今回はどこへ連れて行ったいただいたかというと、トロントはナイアガラの滝。風がスゴかったです。ていうか寒い。



システム全体の構成としては、こんな感じです。
fivestarvr-diagram
Image: Tokyo Metropolitan University/SIGGRAPH Asia 2018

まずVR映像に合わせて3軸に揺れる座席がありまして、腕と足には歩くシーンで四肢を動かしてくれる装置があります。そして前方には風と匂いを届けてくれる強力なファンの集団が構えており、胸には肩掛け式(ポンチョスタイル)のバイブレーターを装備。あとはVRヘッドセットと、ヘッドホンですね。

旅のスタートはオンタリオの町並みを歩くシーン。市場を抜ける時に、フルーツの芳醇な香りがします。四肢が勝手に動かされるわけですが、不思議と没入感を増してくれます。ただし歩行スピードが普段の自分のペースではなかったのと、四肢を支配されているという状況に若干の違和感が。あと、すこし興奮もしていたかもしれません。

そしてだんだんと水に近づいていく雰囲気がして、気づいたらボートに乗ってナイアガラの滝に向かっています。かなり揺れます&風が吹きます。ブァーーーー。

でもっていよいよナイアガラの滝が目の前に!おおお風めっちゃ強いな!!

ンン? でもあれッ!? なんか乳首がッ!!
DSC05683
Photo: 金本太郎 Edit: 西谷茂リチャード

そう、肩掛け式のバイブレーターが乳首をだいぶ刺激してきたんですね。ちょっと痛い。

でも、これは僕のせいでした。「Five Star VR」の仕様というわけではありません。犯人は…



SIGGRAPH Asia 2018のピンバッジ。ほんとうにピンポイントにバイブレーションが伝わってきましたよ。

ちょっと癖になりそうなVR体験、ありがとうございました。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ