本田翼、初の母親役に「難しかった」 監督とは独特な関係性に?


テレビ東京系ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(12月19日21:00~)の会見が5日に同局で行われ、亀梨和也(KAT-TUN)、佐藤隆太、本田翼が登場した。

同作は発行部数は240万部超えとなる東野圭吾の代表作を実写ドラマ化。強盗殺人犯の弟という運命を背負った青年・武島直貴(亀梨)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、兄弟の手紙を通して描く。

原作を読んでいたという本田は、「現代版としてドラマ化するという作品に携われて、本当に嬉しく思いました」と語る。殺人犯の弟と結婚する、というヒロイン的立場、さらに初の母親役に「難しかったですね。しかも6歳の女の子の母親だったので、ある程度子育てには慣れてるけども、新しいものにも出会う。考えるだけじゃ難しかったので、できるだけ現場中はずっと一緒にいて、母親の方にもお話を聞いたりしました」と役作りを振り返った。

亀梨は、「夫婦となって子供がいるシーンで、最初全然(子役が)僕に懐いてくれなくて。完全に対男子として見られてる」と苦笑。本田は「照れちゃったんですよね」とフォローし、亀梨は「そこは奥様(本田)が一緒に遊んでくれて、後半やっとパパにも来てくれるようになった」と明かす。初共演については、「初めましてだったんですけど、すっといけましたね」と印象を表し、本田も「夫婦に違和感がなかった」と同意した。

亀梨からは「監督との距離が近い、独特な感じ」と言われていたが、本田は「監督と自分の役について話し合った」と振り返り、「過去に辛い経験をしている子なんですけど、そんな経験の後でも立ち直って毎日を丁寧に行きている女の子。心はとても強い、でも強さは表には出さない、みたいなことの大切さは話し合いました」と語る。本田が改めて「コミュニケーションは普通だったと思います!」と主張すると、亀梨も「大変誤解があった」と苦笑。亀梨は、本田が笑顔で寄っていく姿を監督があしらっている様子を再現し、「素敵な関係だと思います」とうなずいていた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ