まるでアナ雪の世界。東海の今しか見られない“氷の絶景”6選

Walkerplus

2018/12/5 18:00

凍った鍾乳洞や樹氷、氷瀑、氷柱などは、冬の寒さが生む、この時期ならではの幻想的な絶景。そこで今回は、冬本番を前に東海エリアにある氷の絶景を5つピックアップ。今しか見られない絶景を見に行こう!

■ 高さ30mの大迫力!青白く浮かぶ氷の柱を見上げる!!

「飛騨大鍾乳洞 氷の渓谷」(岐阜県高山市)は、全長約800mと国内屈指の規模を誇る鍾乳洞。その山の斜面を利用した氷の渓谷は、谷の水を木々にかけて凍らせたもので、高さ30m、幅300mと圧巻だ。鍾乳洞を楽しんだあと、駐車場へ戻る道中で見ることができる。

【見ごろ】2018年12月中旬~2019年2月末

■ 山頂に降り立つと、キラキラ輝く樹氷が一面に!

空気中の水蒸気が凍って木に氷の花が咲いたように見える樹氷は、標高100mメートル以上の場所でしか見られない希少な光景。「御在所ロープウエイ」(三重県三重郡)の終点、山上公園駅周辺には見晴台や展望台が4か所あり、どこからでも美しい樹氷を望められる。

【見ごろ】2018年12月下旬~2019年3月中旬

■ その大きさに圧倒される!愛知県唯一の氷瀑

清水が湧き出る場所に柱を立て、毎日湧水をかけて作る氷瀑。「湧水広場の氷瀑」(愛知県豊田市)は、地元有志の取り組みとして2011年からスタートした。広場内には、湧き水の水飲み場もあるぞ!

【見ごろ】 19年1月上旬~2月末

■ カラフルな照明で彩られた美しい氷のアートにうっとり

「氷点下の森」(岐阜県高山市)では、40,000平方メートルある森の木々に水をかけ凍らせた、氷の世界を体感できる。氷点下10度まで下がる気候を利用し、1971年から始まった秋神温泉の冬の風物詩だ。昼は青、夜は赤、青、緑、黄のライトで照らされ、幻想的な雰囲気に。

【見ごろ】2019年1月1日(日)~3月31日(日)

■ 7色に照らし出された厳冬の自然美

「新平湯温泉 親水公園」(岐阜県高山市)のたるまの滝では、12月下旬~19年2月28日(木)にライトアップを実施。2019年1月25日(金)~2月10日(日)の金土日は、寒さの中でホットドリンクなどが楽しめる氷のバーや、絵馬市を行うイベント「タルマ物語」を開催する。

【見ごろ】2019年1月中旬~2月末

■ 大自然が生み出した、巨大な氷の壁が目の前に

奥飛騨の厳しい冬の寒さにより、高さ64m、幅mの「平湯大滝」(岐阜県高山市)が巨大な氷柱へと姿を変える。自然の迫力もさることながら、幻想的なライトアップが行われ、周囲一帯が厳かな雰囲気に。2019年2月15日(金)~25日(月)まで「平湯大滝 結氷まつり」が開催され、会場周辺では湯とまりバザーも開催する。

【見ごろ】2019年2月15日(金)~25日(月)(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/170922/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ