北極でとらえた謎の信号、原因は宇宙の塵?

181205_cosmicdust
Image: NASA / JPL-Caltech / ESA / CXC / STScI via SPACE.com

いつか映画『コンタクト』が実現したらロマンなんですけどねぇ。

科学者たちが、北極でミステリアスな信号を検出しています。発信者は宇宙にいる高度知的生命体……ではなく正体不明ではあるものの、宇宙の塵から出た微細な粒子が超高速スピンすることで、その信号を生み出しているんじゃないか? と考えられています。

宇宙創生の頃のもの?


SPACE.comいわく、その北極信号は大規模な全天測量によって検出され、我々の銀河の星屑が溜まっている隅っこからやってくるものとのこと。そして科学者たちを、かれこれ何十年も悩ませている電波なのだそうです。なぜならこの信号は、ビッグバンから発せられた微かな残光から出た、混沌とした信号である可能性が高いからなのです。

もし人類がこれを解読できたら、宇宙創生を知るカギになるかもしれないんですけどね。

異常なマイクロ波放射


事の起こりは1990年代後半、天の川のマイクロ波放射を調べていた天文学者が、異常な信号を発見したのが始まりでした。それは荷電粒子からの典型的な放出と、自由放出と、 螺旋状の宇宙線と放射光との間にあるような、説明できない微弱な信号でした。

そこでその信号は、異常マイクロ波放射「Anomalous Microwave Emission(AME)」と呼ばれることになりました。

新たな調べ方を試す


マンチェスター大学の天文学者クライヴ・ディッキンソン教授は、カリフォルニアと南アフリカにある2台の望遠鏡「C-BASS」を使用して、宇宙のC-Bandを調査しようとしています。焦点を北極の真上の領域に合わせ、通常の観測よりも低い周波数5GHz帯をマッピングすることを目指しているのです。

そうすれば、AMEが小さな塵粒子から発生されていることが判明するだろう、と考えられているのです。

AMEの正体は?


原因のナノ粒子は、たった数百個の原子かもしれませんし、ほかの粒子との衝突で信号を出しているかもしれません。もしくはほかの物質に引っ張られて出ていることが原因で、超高速回転をしているのかもしれません。とにかくまだ憶測の域を出ないのです。

もしAMEがナノ粒子から来ていると仮定しても、科学者たちはそれそのものが何から出来ているのかわかりません。多環芳香族炭化水素(炭素と水素の環から作られた有機化合物)が候補として良さそうですし、ケイ酸塩または炭素で作られた粉塵かも? という科学者もいます。とはいえどれも憶測のままです。

LIVE SCIENCEいわく、たとえば6月にNature Astronomy誌に発表された研究によると、新生星の周りの塵の旋回からのAME信号は、「小さな回転ナノダイヤモンドでできていることがわかった」と報告されているそうです。ですが、件のAMEがナノダイヤモンドによるものなのかも、わからないのです。


何はともあれ、AMEが解析されれば、ビッグバンから発生した宇宙マイクロ波背景放射(CMB)を理解する材料になり、すなわち宇宙の初期の状態を把握するのに役立ちます。

北極に注ぐ謎の信号が、宇宙の始まりを理解するだなんて、ロマンがありますね。宇宙を移動するワームホールの設計図だったりしたら、もう最高です。

Source: SPACE.com, LIVE SCIENCE

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ