「笑ってはいけない」松ちゃん暴露!今年も「蝶野ビンタ凄かったですよ」に方正困惑

 ダウンタウンが5日、日本テレビ「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」の大みそか特番「絶対に笑ってはいけないトレジャーハンター24時!」(午後6・30~)の会見を都内で行い、今年の見どころやロケ現場での裏話を明かした。

 今年で13回目の年越し特番となる人気シリーズ。平成最後の「笑ってはいけない」ロケを終えた浜田雅功(55)は「例年通り、疲れは今がピークです」とコメント。松本人志(55)は「まだやるって決めたわけではないです。もう撮った?撮影した記憶がなくて…。でも(ロケを)盗撮されていたので、収録があったみたいですね」と反応し、笑いを誘った。

 会見には月亭方正(50)とココリコの遠藤章造(47)、田中直樹(47)のレギュラーメンバーが参加。方正が「5人の平均年齢が50歳を超えて、ダウンタウンは55歳ですが、今も身体を思いっきり使っているのが本当に素晴らしいと思う」と称えると、松本は「いやいやいや。でも、方正さんの今年の蝶野ビンタも凄かったですよ」と反応。方正は「えっ、言うてしまうんですか!?」と目を丸くし、スタジオを笑いの渦に包み込んだ。ぶっちゃけ発言に困惑する方正に対して、浜田が「もうみんな分かってるから」と話し、相方の発言をフォローしていた。

 笑いのトラップやお仕置きは年を追うごとにパワーアップ。見どころやサプライズゲストについての詳細は本放送まで明かされないが、“サプライズ出演の所長は凄い”とのヒントも。松本は「いろんなことがたくさん起きるんで、正直記憶がなくなるんですよ。皆さん一回やってもらわないと分からんと思う。(我々5人は)被害者の会ですから」とボヤいて笑わせた。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ