「U2」が2018年度最も稼いだミュージシャンに

経済誌『Forbes』は毎年、最も稼いだミュージシャンを発表しているが、2018年度はアイルランドのバンド「U2」が1億1800万ドル(約133億2千万円)でトップに輝いたことが分かった。

2017年6月1日から2018年6月1日までに最も稼いだミュージシャンをランキングした結果、「U2」が1億1800万ドルで首位に立った。「U2」は30周年を記念したアルバム『ヨシュア・トゥリー (The Joshua Tree)』を引っさげて北米、南米、ヨーロッパでコンサートを行い、270万人を動員し3億1600万ドル(約356億7千万円)を稼ぎ出した。また昨年12月には14枚目のアルバム『Songs of Experience』をリリースし、2018年5月から11月まで北米とヨーロッパをまわるツアーを行っていた。

続いて2位は1億1550万ドル(約130億3千万円)の「コールドプレイ」で、彼らは2年にわたり5大陸をまわる世界ツアー「A Head Full of Dreams Tour」で5億ドル(約564億4千万円)の興行収入を上げている。3位は1億1000万ドル(約124億1千万円)でエド・シーランがランクインした。エドは世界ツアーやストリーミングサイトからの収入、テレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』や『ザ・シンプソンズ』などの出演料が収益となっている。

4位は1億ドル(約112億8千万円)のブルーノ・マーズで、昨年3月から始まった世界ツアー「24K Magic World Tour」でこれまでに2億5000万ドル(約282億2千万円)以上を稼いでいる。5位は8300万ドル(約93億7千万円)でケイティ・ペリーがランクイン。一晩のツアーが100万ドル(約1億1千万円)といわれる80日のツアーや、2000万ドル以上で契約を結んだオーディション番組『アメリカン・アイドル』の出演料も大きく貢献しているようだ。

さらに6位は8000万ドル(約90億3千万円)でテイラー・スウィフト、7位は7650万ドル(約86億3千万円)でJay-Z、8位は7100万ドル(約80億1千万円)で「ガンズ・アンド・ローゼズ」、9位は6800万ドル(約76億7千万円)で元「ピンク・フロイド」のロジャー・ウォーターズ、10位は6400万ドル(約72億2千万円)でディディがランクインする結果となった。

(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ