アメリカの林家パー子?ピンクおばちゃんは犬・食べ物から家までクレイジーピンク

女子SPA!

2018/12/5 15:45



一年中ピンクに囲まれて生活する“ピンクレディ・オブ・ハリウッド”と呼ばれる、ド派手おばちゃんがアメリカにいるのをご存知でしょうか?

その人の名前はケイ・セラ(53)。ピンクおばちゃんに生まれ変わって以来、名前に“子猫”を意味する「キティン」を付け、キティン・ケイ・セラと名乗っています。

◆オールピンクのアパート改装費は1億円以上!

日本にもピンク好きでお馴染みの林家ペー・パー夫妻がいますが、聞けば彼らの普段着では他の色を着る機会も多いのだとか。

その点、ハリウッドのキティン・ケイは徹底しています。

『コスモポリタン Cosmopolitan』のインタビュー記事によれば、1980年のある日、生まれ育ったテキサスでピンクのテニスシューズとスウェットシャツを身に着けた時、「私はピンクに選ばれた!」と衝撃を感じたのだとか。

以来、38年の間ずっとピンク一色。ブロンドだった髪も大好きな色に染め、衣服のみならず、家具や車まで大好きな色に統一。ないものは自らピンクに染める徹底ぶりだといいます。

2000年にハリウッドに移り住むと、そのこだわりはますます加速。

彼女が住むウェスト・ハリウッドのアパートは、これまで約100万ドル(1億円以上)の費用をかけて、キッチン、バスルーム、ベットルームの全てをピンク色に改造。

「死ぬまでピンクで囲まれて生きる」という宣言を実現すべく、ピンクの棺(ひつぎ)を購入済みというから用意がいいですね。泣く泣く諦めたのは、大家から色の変更を禁じられた天井と備え付けのエアコン、そして毎日使用するトイレットペーパーのみだそう。

◆朝食や愛犬まで大好きなカラーで統一

『トゥデイ・フード Today Food』に投稿されたビデオでは調理用具だけでなく、口にするものまでピンク色に執着する食生活を紹介。

冷蔵庫にはピンクミルクとピンクレモネードを常備。他にも、クリームチーズや卵までピンクで、黄身まで色が統一されたゆで卵はビーツジュースに漬け込んで染めているそう。パンケーキに乗せるクリームも食紅を少し入れることでピンクに。シリアルはストロベリー味、卵にふりかけるのはピンクソルトというスペシャルなブレックファーストを嬉しそうに披露しています。

ちなみに、「キティン(子猫)」のニックネームを持っているケイが飼っているのは、なぜか犬のマルチーズ「ミス・キッシーズ」。

愛犬ももちろんきれいな桃色ですが、カラーリングにはゆで卵と同じくビーツジュースを使用。動物の肌に悪いものは一切使っていないようです。犬自身がどう感じているかは謎ですが…。

◆ピンク長者の収入源はインスタ、ピンクパレス、CD売上?

ハリウッドに移り住んだ当初は極貧だったというキティン・ケイも今や“ピンク長者”。

彼女が住んでいるアパートは通称「ピンクパレス」と呼ばれ、様々な雑誌やテレビ、映画の撮影場所として利用されているそうで、そこから得る収入も大きそう。

『ビジネス・インサイダー Business Insider』によれば、これまでに同じくピンク愛好家として知られるパリス・ヒルトンが「モスキーノ MOSCHINO」の広告撮影で、女優のルビー・ローズが雑誌の撮影で「ピンクパレス」を訪れているのだとか。

Netflixのオリジナル・ドキュメンタリーシリーズ『アメージング・インテリアズ Amazing Interiors』のエピソード10では、「ピンクパレス」の内部の様子がフィーチャーされています。

また、もともとはミュージシャン志望だったキティン・ケイ。数年前に念願のCDも発売しています。そのレコーディングには、同じパフォーミング・アーツスクール出身というビヨンセがコーラスで参加する豪華さ!

現在、インスタグラムのフォロワー数は全世界10万以上。恐るべきピンクおばちゃんの存在に注目です。

Source:

「Cosmopolitan」https://www.cosmopolitan.com/style-beauty/fashion/a22365925/kitten-kay-sera-pink-lady-hollywood/

「Today Food」https://www.today.com/food/pink-lady-hollywood-kitten-kay-sera-gives-home-tour-t140879

「Business Insider」https://www.businessinsider.com/woman-who-only-wears-pink-kitten-kay-sera-instagram-2016-7#she-regularly-does-photo-shoots-in-her-home-and-lets-other-people-use-her-house-as-a-backdrop-for-shoots-as-well-10

<文/アメリカ在住・橘エコ>

【橘エコ】

アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。

ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ