貯めているポイントカードの還元率を把握していない人が4割


NEXERは12月5日、Kyashと共同で実施した「ポイントカードに関するアンケート」の結果を発表した。調査期間は6月11~14日、有効回答は1,857人。
○保有枚数、「4枚以内」が過半数

保有しているポイントカードの枚数を尋ねると、「1~2枚」が29.5%、次いで「3~4枚」が27.1%となり、4枚以内の人が56.6%を占めた。一方、「10枚以上」という人も10.3%いた。

貯めているポイントカードの還元率を把握しているかとの問いに対しては、「だいたい把握している」が48.0%、「全部把握している」が16.2%となり、計64.2%が不完全ながらも「把握している」と答えた。他方、「ほとんど把握していない」は21.6%、「全く把握していない」は14.2%で、計35.8%が還元率を正確に「把握していない」ことがわかった。

ポイントを貯める・使う上で不便に感じていることを聞くと、「有効期限があり消滅する」が35.8%でトップ。以下、「複数のポイント管理が大変」が31.1%、「使える場所が限られている」が25.6%、「還元率がわかりにくい」が23.3%、「一定ポイントが貯まらないと使えない」が21.5%と続いた。

同調査では「せっかく貯めたポイントを無駄にしたり、ポイントカードの管理に苦労したりなど、ポイントカードの利便性は決して高いとは言えないようだ」と分析している。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ