亀梨和也、名作『手紙』ドラマ化でキラキラ封印? 表現でも高度な要求


アイドルグループ・KAT-TUNの亀梨和也が5日、テレビ東京系ドラマスペシャル『東野圭吾 手紙』(12月19日21:00~)の会見に、共演の佐藤隆太、本田翼とともに登場した。

同作は発行部数は240万部超えとなる東野圭吾の代表作を実写ドラマ化。強盗殺人犯の弟という運命を背負った青年・武島直貴(亀梨)が、周囲の差別や偏見に苦しみながらも、やがて自分の家族を持つまでの軌跡を、兄弟の手紙を通して描く。

亀梨は「日々葛藤と言いますか。作品の持つメッセージ性、ドラマ化にあたってどういった形でテーマを打ち出していくのか、自分がしっかりとリンクしていけるよう意識しながら、監督・プロデューサーとコミュニケーションをとりながらの撮影でした」と振り返る。作中では歌うシーンも出てくるが、「一応なんちゃってアーティストなので……」と謙遜。「アーティストやってる時、結構クセが強めなので。役として、素敵にも聞こえなきゃいけないし、かといって普段自分が歌ってるようなニュアンスもどうかなという中で、間が取れた」と説明した。

兄役の佐藤とは初共演となったが「なかなか仲良くできるシーンでもなかったので、遠くから見つめながら『お兄ちゃん、お兄ちゃん』って」と言い聞かせていた様子。佐藤も「最終日に亀梨くんが終わったときに、やったと話せたという感じでしたね」と語り、「次の作品はぜひ、ご機嫌な間柄でお会いしたい」と希望していた。

また今回、深川栄洋監督からは「表現として出てこなくてもいいから、心臓の音が早くなってほしい。涙が出てこなくていいけど、すごく泣いているように」といった、高度な要求をされたという亀梨は、「奥の方を監督にクチュクチュってされてるような、見えるところではない表現力を求めていただいたと感じました」としみじみ。

さらに殺人犯の弟という役で「キラキラしてる要素を消していたのでは」という指摘に、亀梨は「ぼてっとした感じで、シャープさでをできるだけ排除したいというお話をいただいた」と明かす。監督からの「出来るだけ目立たない存在、だけどその中で何かを感じる存在でいてほしい」という要求に、日常ではトリートメントをつけるのもやめてみたという。亀梨は「家に帰って、トリートメントをつけると『なんか潤っちゃってんな』みたいな。気持ちとしては、自分のふだん潤っている部分は閉じれたらいいなと思っていた」と振り返る。さらに作品について、「普段生きていく中で、どこか麻痺している、ぼやけている部分がある。作品を通して『クリアに見ていこう』と感じていただけるものがあるんじゃないかな」と語った。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ