大泉洋、「人の迷惑を許してあげられる世の中に」 筋ジス患者演じる過程で涙も

テレビファン

2018/12/5 13:03


 映画『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』の講演会が4日、東京都内で行われ、主演の大泉洋、原作者の渡辺一史氏、パラリンピック陸上競技の大西瞳選手が登壇した。

本作は、筋ジストロフィーを患いわがまま放題に生きながらも、介助ボランティアたちなど周囲の人々の人生に影響を与えた、故鹿野靖明さんを追ったノンフィクションが原作。

鹿野靖明役として、車いすで首と手だけしか動かせない難役に挑んだ大泉は、「最初、引かれたのはこのタイトル。24時間介助されないと生きていけない人が、どうしてこんなワガママを言えたんだろうと疑問に思った。しかし、撮り終えた時にはワガママから出た言葉とは思えなくなっていました」と心境の変化を語った。

撮影は、鹿野さんに関するエピソードを現場で知人たちから聞きながら、行われたという。大泉は、「役者としてこんな体験はない。演じる前に何か泣けてきて、そこから本番を迎えることもあった。鹿野さんのドキュメンタリー番組に出ているような不思議な体験だった」としみじみ振り返った。

一方、鹿野さんをボランティアとして支えていた渡辺氏は、「背丈も顔つきも似ても似つかない。でも不思議なことに本人と瓜二つに見える瞬間があった」と大泉の熱演を絶賛。大泉は「(劇中の)ビジュアルは、ひょっこりはんに似てしまいましたが」とおどけて、笑いを誘った。

そんな大泉は、今作を通じて価値観にも変化が。「娘には『人に迷惑を掛けるな』と教えてきた。でも、人に迷惑を掛けることをそこまで恐れる必要はないのかな…と。自分一人でできないことがあれば助けを求める。逆に求められたときに助けてあげられる人になってほしい。もっと人の迷惑を許してあげられる世の中になっていけば良いのかな…」と思いを巡らせた。

映画は12月28日から公開。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ