49歳「石田ゆり子」アイドルと互角の『写真集』爆売れのスゴい理由

まいじつ

2018/12/5 10:30

石田ゆり子
(C)まいじつ

アラフィフ女優の石田ゆり子が快挙だ。

今年1月に発売されたフォトブック『Lily-日々のカケラ-』が16.9万部を売り上げ、2018年「年間BOOKランキング」のジャンル別「写真集」で3位にランクインした。

TOP10には石田の他、30.7万部を売り上げた『乃木坂46』の写真集『乃木撮 VOL.01』を筆頭に、同グループの西野七瀬、白石麻衣、『欅坂46』の長濱ねる、菅井友香などの単独写真集がランクイン。“坂道グループ”(乃木坂46、欅坂46)メンバーが圧倒的な強さを見せている。

そんな中での石田の“偉業”に、ネット上では、

《49歳なのに現役のアイドル相手に互角の勝負できる…スゴ過ぎる》
《同じ女だけど、こういう年の取り方したいなーと思う。シワとかたるみがあってもナチュラルで透明感あってきれい。本当に素敵》
《若いアイドルやグラビア系が主流の写真集で、ゆり子さんが3位はすごいですよ。しかも脱いだわけでもないのに》
《世の女性たちに希望を与える存在》

などといった称賛の声が続出している。

現代女性の理想形


「石田の写真集は、どちらかというとエッセイがメイン。そのため、“石田のルックス”に魅了されている男性ファンよりも、“石田の生き方”に魅了されている女性ファンが多く購入している傾向にあるようです。男に頼らず独身のまま年を重ね、自分の生き方に誇りを持っている石田は、バリバリ働く現代女性たちの理想形なのかもしれません」(女性誌記者)

本の購入者は、「石田ゆり子さんは悟りを開いてるな、と思った」「いろいろ共感できる部分もあり、ヒントもいくつかあった」とさらに石田を好きになったようだ。

来年も石田の快進撃は続くことだろう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ