指輪の持ち主をTwitterで“指名手配”、NY市警の粋な公開捜査に反響

AbemaTIMES

2018/12/5 09:50


 米ニューヨーク市警がTwitterで呼びかけた、あるカップルを巡る投稿が話題になっている。

ニューヨーク市警は現地時間1日、Twitterに「タイムズスクエアでプロポーズして彼女がイエスと言ってくれたのに、彼は指輪を排気口に落としてしまった。私たちが指輪を見つけ出したから幸せなカップルに戻してあげたい」と投稿。合わせてカップルが指輪を探す様子が映った防犯カメラの映像を公開すると、再生回数は800万回を超えた。


カップルは指輪を落とした後、警察に相談。通報を受けた警察が駆けつけたものの見つからず、イギリスから旅行に来ていた2人はそのまま帰国してしまう。翌日の朝に指輪は発見されたが、カップルは名前も連絡先も残していなかったためニューヨーク市警がTwitterで呼びかけた。


このツイートが拡散されたことで、たった1日で2人を発見。ニューヨーク市警は「みなさんのつぶやきのおかげで、私たちは彼らに指輪を返すため手配を行っています。おめでとう!」と2人の写真付きで投稿。指輪の持ち主のジョンさんは「指輪が返ってきてとってもうれしい!アメリカ万歳!」と話したという。

(AbemaTV/『けやきヒルズ』より)

▶︎ NY市警が公開した動画はこちら

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ