年収94憶の女性歌手、彼氏とのデート権をオークションに出品。その結果は?

女子SPA!

2018/12/5 08:44



先日発表された米経済誌フォーブスの「もっとも稼いだ女性ミュージシャン」ランキングで、強豪を抑え1位に選ばれたケイティ・ペリー。ワールドツアーの収益金や、審査員として出演するオーディション番組のギャラにより年間所得がアップ、その額なんと約94億円(8300万ドル)だったという。

そんなリッチなケイティが、交際相手のオーランド・ブルームとのデート権を出品したことが話題となっている。なぜ、愛する彼氏とのデート権を出品したのだろうか?

ケイティとオーランドといえば、パパラッチがビーチリゾートで激写した「全裸写真」で世間を騒がせたカップル。全裸激写後は破局が噂されていたものの、結局は復縁しラブラブだと思っていたが…。

実は今回、ケイティがオーランドとのデート権を出品したのは、慈善イベント「ワン・ラブ・マリブ」のオークション。81人の犠牲者を出し、1万3000戸以上に被害を及ぼしたカリフォルニア火災の復興支援として2日(日)に行われたものだ。

ケイティは、クリスティーズ主催のオークションで「私が付き合っていて、愛していて、尊敬している男性」とツーリングに行ける権を自ら出品。その際、ケイティは出席者たちにこう紹介した。

「落札者は私が嬉しくないようなかたちで彼に掴まることが出来るの。彼の胸筋や割れた腹筋に掴まれるのよ。最高なんだから!」

「約45分間オーランドに掴まっていることが出来るわ。それに彼の茶色の瞳を見つめることもできるの!」

入札開始後、ローラという名前の女性が2万ドル(約230万円)を提示したが、結局ケイティが5万ドル(約570万円)で落札する結果となった。

当日はステージで歌も披露したケイティ。バックバンドのキーボード担当が、今回の火災で自宅を失ったことをきっかけに支援活動をしたいと思ったと明かした。

「私の友人でもあり、ここ数年一緒にツアーをしてきた彼がこの火災で家を失った」

「でも彼は人生に対して素晴らしい態度と見方を持ってる最高にクールな人だから、私はそんな彼のためにここにいるの。そしてこの惨事の被害を受けた全ての人たちのためにも。でも今は一緒に成長するチャンスなのよね。みんな、愛してるわ」

他にも有名ミュージシャンたちがパフォーマンスを行ったこのイベントには、デミ・ムーア、ディック・ヴァン・ダイク、リタ・オラ、リタ・ウィルソンら数々のセレブも駆け付けていた。

このイベントの収益金は、ワン・ラブ・マリブ基金とマリブ財団に寄付される。

つい最近、同じく人気歌手であるレディー・ガガから「意地悪」呼ばわりされ、話題となったケイティ。音楽プロデューサーから性的暴行を受けたとして裁判を起こした歌手ケシャとメールをやり取りする中で、ガガは「ケイティ・ペリーは意地悪」と表していたという。とはいえ、このメールでのやり取りが行われたのは過去の話。ケイティとガガは報道を受け、互いを「大切な友人。愛してる」とツイート。過去は水に流し、現在は尊敬しあう友人となっているようだ。

そのガガも、山火事被災者の避難所を訪問し、ピザやコーヒー、ギフトカードを被災者に配布するなどボランティア活動を行ったと伝えられている。

ケイティやガガ、多くのセレブが、自分なりの方法で被災者をサポートし、復興のために立ち上がっている。

<文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部>

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ