「早生まれの子供」競技離れ続出? 「早生まれは、発育が遅いのか」議論も

しらべぇ

2018/12/5 08:30

(T-kin/iStock / Getty Images Plus/写真はイメージです)
日本陸上競技連盟(以下、日本陸連)は、多くの子供たちに陸上競技を続けてもらうため、「指導者が一人ひとりの成長の違いを認識して指導する」と、初めての育成指針を作ったそうだ。

■「早生まれ」の競技離れ多い?


1月1日から4月1日までの間に生まれた、いわゆる「早生まれ」の子供たち。幼少期は、同学年の子供に比べて「発育が遅く、結果を残せない」と、競技をやめてしまう場合もあるという。

とはいえ、優れた結果を出すのは高校生以降のことが多く、才能を早期に見極めるのは難しいようで、「小学校期」や「中学校期」「高校期」など大きく6つのステージに分けて「中長期的な視点での指導」をすることが重要だとか。

■今年の陸上大会は、初の試みも


また、日本陸連は今年10月の大会に合わせて、陸上競技のジュニアオリンピックの出場条件を見直す、という初の試みを行っている。

これまで、学年ごとに出場していたものを「早生まれ」の選手は、1つ下の学年の選手と同じ区分で出場させた。その結果、以前は8位入賞に届かなかった「早生まれ」の選手が、3位に入るというケースもあったそうだ。

■「早生まれは、発育が遅い」って…


他方で、「早生まれ」は同学年の子供に比べて「発育が遅い」というデータがあるわけではなく、個人差によるところが大きいとも言われている。

過去の世界選手権やオリンピック出場選手を対象に行った調査でも、生まれ月の偏りはほとんどないことが分かっている。

報道を受けて、ネットのコメントでも「早生まれは関係あるのか?」といった議論や「競技離れを食い止めたいのね」との意見が寄せられている。

「自分が小学1年のころ、いつも足が速かった子は2月生まれだったんだけどな~。個人差じゃないの?」

「要するに小中学校の部活で早生まれの子が成果でなくても、『待って!高校で伸びるかもよ!』って競技離れを食い止めたいのね」

「こういうデータがないこと言われると、妊娠の計画とか神経質になる人出てきそうだね…」

「早生まれの私ですが、中学の陸上で成績残しましたよ? 持って生まれた素質としか言いようがないような…」

■早生まれは損?


しらべぇ編集部が全国の20代~60代の男女1,363名に「早生まれ」について調査したところ、2割が「損だと思う」と回答した。

ほとんどが、損得を考えていないようだが、5人に1人は「早生まれは損」と思っているようだ。

その中には、「自動車免許や飲酒が周りより遅いデビューが寂しかった」という意見も見られた。また、「保育園に預けられる月齢に達していなかったから入園できなかった」と苦労したという、早生まれの子を持つ母親の意見も。

■指導者は、「色々な子がいる」という認識を


日本陸連は「指導者は、色々な子がいるのだという認識を持って『焦らなくてもいいよ』と声をかけながら指導して、諦めさせないことが重要」と話している。

生まれ月に関係なく、周囲と比べずに個人に合わせた指導を心がけてほしい。

・合わせて読みたい→「9月新年度制」をどう思う?採用したら早生まれの概念も変わる

(文/しらべぇ編集部・長谷川 瞳

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2017年2月24日~2017年2月27日
対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ