若月佑美「誰かの人生に良い影響を」乃木坂46を卒業…新たなステージへ!

ザテレビジョン

2018/12/5 07:38

乃木坂46・若月佑美が12月4日に東京・日本武道館で行われた「乃木坂46 若月佑美 卒業セレモニー」でメンバーとしての活動を終了した。

若月は2012年8月発売の乃木坂46の3rdシングル「走れ!Bicycle」で選抜入りを果たし、最新シングル「帰り道は遠回りしたくなる」まで20作連続選抜メンバー(内8作品が福神メンバー)に。

また、舞台など女優業を数多く経験し、現在はドラマ「今日から俺は!!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)に川崎明美役としてレギュラー出演している。

ほか、グラフィックデザインも長けており、「二科展」で2012年から6年連続で入選するなど、マルチな才能でさまざまな活動をしてきた。

■ 若月ロボットで登場

この日の日本武道館には、若月の卒業を後押ししたいと言うファンで会場は溢れ、会場に来られなかったファンのために全国60館73スクリーンでおよそ2万5000人を対象にライブビューイングも行われた。

ステージが開くとダンサーが登場してライブはスタートし、ステージ中央から若月が登場。「若月ロボット」と称して擬音も自ら表現しながら前へ歩いて行き「武道館、行くぞ」とささやくと、若月の代名詞でもあり、バナナマン・設楽統からアイデアをもらったというロボットダンスを披露した。

■ 卒業前にやっておきたい曲BEST5!

そして、スクリーンに満月が映し出されると、一曲目の「狼に口笛を」へ。当公演のセットリストを考えたのは若月だが、この曲はすでに乃木坂46を卒業した伊藤万理華、深川麻衣と共に若月がフロントを務めた楽曲。アンダー楽曲の中でも名曲との呼び声が高い曲に、いつもの乃木坂46とのライブとは一味違うことが伝わってくる。

2曲目は、やはり卒業生である生駒里奈がセンターを務めた「音が出ないギター」。最初の2曲は若月の卒業生へのリスペクトが垣間見えるようだった。

また、「卒業とは言いつつ、師走なのでまったりゆっくりしたい」という若月本人の希望で、ステージには音楽番組さながらのひな壇を設置。メンバーのパフォーマンスを、他のメンバーが近い位置から見られる作りが用意された。

そんな中始まった企画は、「私が卒業前にやっておきたい曲BEST5!」。若月が卒業前にやっておきたい曲をランキングにして披露していこうというコーナーで、若月がやっておきたい普段のライブではあまりやらない楽曲のオンパレードに、ファンのテンションは上がっていく。

中でも22thシングルに収録されている“女子校カルテット”というユニット(若月佑美、秋元真夏、桜井玲香、中田花奈)による新曲「告白の順番」は初披露に。若月とのパフォーマンスを振り返り、涙を浮かべるメンバーもいた。

ライブ後半戦は、MCなしで乃木坂46キラーチューンを畳み掛ける。最近ではほとんど披露されることがない1stシングル「ぐるぐるカーテン」のカップリング「会いたかったかもしれない」のイントロが流れた時は、会場が揺れんばかりのどよめきが起きた。

「ガールズルール」「制服のマネキン」とヒットナンバーを披露し、会場の盛り上がりは最高潮に。最後は、西野七瀬と共に最後のシングル「帰り道は遠回りしたくなる」で本編を終了した。

■ やっぱ若月だな!

鳴り止まないファンの温かい声援の中、スクリーンに若月と乃木坂46のヒストリー映像が流れる。デビュー日から2658日を振り返る感動的なムービーに涙を浮かべるファンの姿も。そして、黒いドレスに身を包んだ若月がステージ中央に登場し、ファンに向けて手紙を読んだ。

そこには「将来の夢を聞かれた時に“女優とかでなく、誰かの人生に良い影響を与えられる人になる”といろいろな所で言っていました。それが知らない誰かだったらすてきなことだなぁと思います。近しい人から影響をもらうことはあることだけど、会ったことない人から影響をもらうことは難しいこと。もし少しでもその夢がかなっていたら、私の7年間の全てが報われます」と、若月らしい言葉がつづられていた。

そして、乃木坂46のライブでは鉄板の楽曲「ダンケシェーン」でラストを飾ると、最後に若月からメンバー一人一人にサプライズで花が送られた。最後に、メンバーから「やっぱ若月だな!」と声をそろえて言葉を送られた若月は、目に涙を浮かべ「やばい。今ので泣きそうになっちゃう!」と堪えるシーンも。

一人だけステージに残った若月は、「新しい風が乃木坂46に入って来ました。私は卒業するけど、まだまだ格好良いメンバーばかりだから、ぜひこれからも乃木坂46の事をよろしくお願いします。7年間本当にありがとうございました! 若月とても幸せでした。ありがとうございました!」とファンに感謝の言葉を送り、乃木坂46人生に幕を下ろした。

■ 「若月佑美 卒業セレモニー」セットリスト

SE:Overture

-Dance Opening Act-

M1:狼に口笛を

M2:音が出ないギター

M3:まあいいか?

M4:告白の順番

M5:ボーダー

M6:失恋お掃除人

M7:低体温のキス

M8:Rewindあの日

M9:会いたかったかもしれない

M10:ガールズルール

M11:ロマンティックいか焼き

M12:制服のマネキン

M13:帰り道は遠回りしたくなる

EN1:失いたくないから

EN2:ダンケシェーン(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171619/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ