『中学聖日記』トレンド入り!ずぶ濡れで抱き合う聖と晶がついに…!!「永久保存版!」の声

ザテレビジョン

2018/12/5 06:28

12月4日(火)に有村架純主演のドラマ「中学聖日記」(毎週火曜夜10:00、TBS系)の第9話が放送され話題となっている。(以下、ネタバレが含まれます)

主人公の教師・末永聖(有村)が元教え子の高校生・黒岩晶(岡田健史)と2人で過ごした夜のシーンが「今日のはマジで永久保存版!」「ここ数年で最高のキスシーン」「聖ちゃんひたすらかわいい」「黒岩ーーー耳真っ赤じゃーーん!」と大反響、Twitterでも放送後しばらくの間「#中学聖日記」のワードが先週に続きトレンド入りした。

今作は、かわかみじゅんこ原作の同名漫画をドラマ化した、新人教師・聖が10歳年下の男子生徒・晶の魅力に引かれていく様子を描くヒューマンラブストーリー。

第9話は、晶が父からの手紙を頼りに山江島へ。追ってきた聖と共に、家具職人の父・康介(岸谷五朗)の居場所を突き止めた。フェリーが1日1便しか出ないということで、聖は帰ることができなくなり、康介の家に泊めてもらうことに。

聖と晶は山江島で非日常なひとときを過ごす。島の商店に行き晶の好きなチョコを買い、お泊まりセットを購入し、海辺へ向かう。自転車を2人乗りする聖の手は晶を背中からギュッとつかんでいた。

海辺で教師への熱い思いを語る聖を抱きしめた晶が「守ります、この先ずっと…」と言い聖をドキッとさせる。しかし「高校やめて就職して…」と続け、進学を「どうでもいい」と考える晶の幼い発言によって聖が冷静さを取り戻す。

夜、聖は康介の家を出てフェリー乗り場で仮眠をとったが、翌日も天候不良で帰れなくなった。山のキャンプ場へひとり向かう途中、聖を雨が襲う。転倒し足を負傷してしまった聖を助け出したのは、晶だった。

「心配させんなよ!」と怒鳴る晶に身を任せ、雨でずぶ濡れの2人は山小屋で暖をとる。

聖は「全部黒岩くんのせいよ」と言葉を絞り出し、「私も同じ。あの日のあのときのまま。花火大会のあの海に」「どうしたら忘れられるの」と、晶に気持ちをぶつける。「黒岩くんが好き。好き」と伝えた聖を晶が抱きしめ、ついに海辺以来のキスを…。

山小屋でずぶ濡れのキス…。それだけでも視聴者の心臓はバクバクしたが、中学生だった晶が3年経ち「俺だって男ですよ」というまでに成長していることや、完璧といえるほど美しいキスの所作と同時に、晶の耳が真っ赤になっていることが注目された。

「俺だって男ですよ、最高かーーい」「海辺のハグにタメ口、山小屋…心臓ぎゅーーなった」「黒岩くんの耳が赤くなってるのが可愛いくてずるい」「黒岩ーーー耳真っ赤!」「今日のキスは永久保存版でしょ!!」と興奮冷めやまないファンたちの声。「人を好きになるのに正解とか不正解とかないはず。幸せになってほしい」「本当に先生が好きなら、立派な男になれ。さすが黒岩父、名言」という、これからの2人を応援するコメントも多かった。

次回、12月11日(火)放送の10話は、島から帰った聖と晶を、里美(中嶋朋子)と愛子(夏川結衣)が引き離す。聖は晶に対する思いを正直に告げるも、認めてはもらえない。一方、晶は自立し聖との関係を認めてもらうため、進学を決める。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/171620/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ