新垣結衣演じる晶、恒星との関係に波乱!?ハグ写真が週刊誌に…『けもなれ』第9話

テレビドガッチ

2018/12/5 06:00

新垣結衣と松田龍平がW主演するドラマ『獣になれない私たち』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第9話が、12月5日に放送される。

同ドラマは『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』などのヒット作で知られる野木亜紀子が脚本を担当。常に笑顔で仕事も完璧だが、全方位に気を遣う“すり減らし女”の晶(新垣)と、行きつけのクラフトビールバーで出会った毒舌な会計士・根元恒星(松田)が本音でぶつかり合う様子を、時に笑えるコメディで、時に切なくジリジリと描かれていくラブストーリー。

第8話では、晶が勤務するツクモ・クリエイト・ジャパンの面接に朱里(黒木華)が現れ、社長の九十九(山内圭哉)があっさりと採用を決めてしまう。そんな中、恒星は5tapで呉羽(菊地凛子)の夫・橘カイジ(飯尾和樹)と鉢合わせする。売れっ子ゲームクリエイターとして活躍する橘はこれまでの苦労話を恒星に語るが、恒星は「そんな話、どん底にいる人間からしたら成功者の戯れ言ですよ」と突っぱねてしまう。

ついに初登場したカイジを飯尾が演じたことには「正体マジで斜め上だったけど最高すぎた」「まさかのキャスティング! 本当に良い意味で裏切られた!」「飯尾さんの衝撃すごいwww」とインターネット上で反響が相次いでいた。

第9話では、晶と恒星の距離が近づいていく様子が描かれる。しかし、恒星と呉羽が抱き合う写真が週刊誌に掲載され……。

<第9話あらすじ>
晶(新垣)が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモ・クリエイト・ジャパンの雰囲気はどんどん良くなっていた。松任谷(伊藤沙莉)と上野(犬飼貴丈)も仕事の結果がだせるようになり、入社した朱里(黒木)もSEチームとなじんでいる。そんな中、社長の九十九(山内)が今度は晶を「営業部の特別チーフクリエイター部長」に昇進させることを発表。その代わり、今まで晶がやっていた細々とした業務は全て新人の朱里が「社長秘書」としてやることになり、驚く社員一同。晶と朱里はとまどう。

そんな中、恒星(松田)と呉羽(菊地)の5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載された。橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むようになってしまう。

夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春(田中美佐子)が京谷(田中圭)のマンションに突如遊びに来る。そこで鉢合わせたのはとっくに別れたと聞いていた朱里! 朱里はなんとかマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて……。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ