『カメ止め』どんぐりが『リーガルV』で大出世!?米倉涼子は「テレビで拝見している以上に素敵」

テレビドガッチ

2018/12/5 06:00

今年大ヒットした映画『カメラを止めるな!』で注目を集めた個性派女優・どんぐり(竹原芳子)が、12月6日放送の米倉涼子主演のドラマ『リーガルV ~元弁護士・小鳥遊翔子~』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)に出演。厚生労働大臣・丸山珠美を演じる。

同ドラマは、ある理由で資格を剥奪された元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)が、ワケあり弱小弁護士集団「京極法律事務所」を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも“勝利”を手にするため突き進む姿を描く。

『カメ止め』では超テキトーなプロデューサーを演じたどんぐり。今回ドラマで演じるのは、翔子を潰そうと目論むFelix & Temma 法律事務所の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向文世)の旧知の仲である、厚生労働大臣・丸山珠美。どんぐりは「大臣! プロデューサーから昇格した。すごい嬉しかったです」と、まさかのスピード出世(!?)に興奮する一方、いつもお芝居で大事にしているという「落ち着くこと。気持ちをアツアツにすること」を忘れず撮影に参加した。

米倉が中心となり、一体感を日々増している撮影現場に立ったどんぐりは、「あたたかさと優しさを感じ、安心できる現場でした」としみじみ。初共演の米倉についても「格好よくて、テレビで拝見している以上に素敵だった。気さくな方でした」と語り、すっかり魅了された様子だった。

そんなどんぐりに、最近手にした“勝利”について質問すると、「映画『カメラを止めるな!』に出会ったこと」と即答。同映画で今年、大躍進した彼女の魅力を『リーガルV』でもぜひ堪能してほしい。

なお、どんぐりがゲスト出演する第8話から、『リーガルV』は最終章へ突入。2週連続で、翔子が弁護士資格を失うキッカケとなった“因縁の殺人事件”をフィーチャーしていく。

<第8話あらすじ>
元弁護士・小鳥遊翔子(米倉)が率いる「京極法律事務所」は集団訴訟で勝訴したのを機に、相談者が次々と詰めかけて大繁盛。そんな中、翔子はかつて弁護していた受刑者・守屋至(寛一郎)と1年ぶりに面会する。実は、公園でNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害した至は1年前、自らも罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし弁護していた当時から、至の証言にどうも不自然さを感じていた翔子は、この事件の奥には“隠された何か”があると直感。それを探ろうとしていた。

弁護士・青島圭太(林遣都)から事情を聴いた「京極法律事務所」の面々は、翔子のために一肌脱ごうと決意し、一丸となって、事件の背景を洗い直そうとする。ところがその矢先、「Felix & Temma 法律事務所」の代表弁護士・天馬壮一郎(小日向)の差し金で、弁護士会から「京極法律事務所」に業務停止処分の可能性を記載した警告書が届く。しかもその直後、翔子がこつ然と姿を消してしまった。翔子を失った「京極法律事務所」のメンバーは1人、また1人と去り、とうとう青島だけが残るという最悪の事態に追い込まれ……!?

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ