脈ナシ男子のハートを揺らせ! 一発逆転を狙うLINEテク

fumumu

2018/12/5 06:00


お目当ての男子とLINEを交換できてテンションが上がったのも束の間…レスポンスが素っ気なかったり、デートの誘いをはぐらかされたりと、脈なしっぽいメッセージが来ること、ありますよね。

気持ちを切り替えて他の男子を探すのも手ですが、せっかくの出会い…ここで諦めてしまったらもったいないかも?

そこでfumumu取材班は、脈なし男子を振り向かせるためにやったLINEテクニックについて、女子達に話を聞きました。

(1)ショックな気持ちを伝える


「彼からの返信で傷ついたり落ち込んだりした時は、感じたままの素直な気持ちを返信します。

もう大人だし、何も返さず自然消滅させるのがマナーなのかもしれませんが…自分のためにも、次の相手を探す上でも、曖昧なままにはしておきたくないので」(20代・女性)

男子は深く考えずに、返信していることもあります。女子側が心配しすぎていただけで、『そんなつもりじゃなかった』とか『ごめんね』など、即挽回に繋がることもあるそうです。

(2)返信内容の真意を聞く


「勇気を出して、気になっている男子を食事に誘いました。ところが、『年末は忙しくて予定がわからない』と返信が…。もちろん、本当に忙しいのかもしれません。でも、『予定が分かり次第、連絡するね』くらいの一言があってもいいんじゃないかと思って。

もしフラれるとしても、このままごまかされたくなかったので、『嫌ならこれ以上無理に誘わないから…』と、彼に返信の真意を聞きました」(20代・女性)

その後、「嫌じゃないよ。本当にわからなくて…」と、彼から返信があったそうです。脈なしではなかったようですね。

(3)既読スルー


合コン中、『今度、ふたりで食事に行こう』と話が盛り上がったので、帰宅後すぐにLINEで彼に予定を尋ねたのですが…『しばらくは、仕事が忙しくて』と、返信が。

今までの態度が社交辞令なのかどうか分からなかったので、 押してダメなら引いてみる作戦で、既読スルーで相手の反応をうかがってみました」(20代・女性)

既読スルーの次の日、彼から電話がかかってきたとのこと。LINEが途絶えると、逆に気になってしまう男子もいるようです。

LINEは、連絡ツールの一つです。絵文字やスタンプなどで感情表現がしやすくなったとは言え、文字主体のフォーマットでは、想いが100%正しく伝わるとは限らないようですね。

うまくアプローチ法を屈指して、片想いからの脱出をがんばりましょう!

・合わせて読みたい→付き合ったら大変そう…男子が一線を引く「暴走女子」3パターン

(文/fumumu編集部・志都)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ